『キミをつれて』

投稿日:2021/02/13 18:13:51 | 文字数:385文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

マジカルミライ2021楽曲コンテスト応募曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どこか遠くへと僕ら追いかけた
何度つまずいてもまだ止まれない
いつも探してた ずっと探してた
光照らしてく そのミライへ

キミと出会えて僕は変われた
ただ一つだけのなくせないモノを
見つけたよ

その手離さない
こぼれそうな星の降る夜
つなぐ指先 何も恐れないで
キミをつれてこの夜を越えてく

時に空回り心沈む日は
何度つまずいても支えられて
いつか悲しみが笑顔奪うなら
光照らしたい その瞳に

透き通る風 願いは届く
ただ信じることいつでもキミは
そばにいて

戻れない時を
悔やむようなそんな弱さも
キミが笑顔で僕を待ってるなら
強さに変えこの空を駆けてく

いつもここにある
優しい瞳で伝えてくれた
それは儚く揺れる言葉だって
信じていたい どこまでもずっと

その手離さない
こぼれそうな星の降る夜
つなぐ指先 何も恐れないで
キミをつれてこの夜を越えてく

ねんどろいどを愛でるマスター。twitter、instagramに写真を載せています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • キミをつれて / 初音ミク

    by 大塚ユキさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP