悠限のティル・ナ・ノーグ

投稿日:2017/03/01 22:04:10 | 文字数:406文字 | 閲覧数:708 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

PAFさんが曲を付けてくれることになりました!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

分かたれ 彷徨う緒
虚ろの天 浮かぶ昼月
宿命の 邂逅の彼方
ヒトは何を 導くのでしょう

無垢なる指の 幼い戯れの中
秘められた“証明”を解きて
真理の音律を視る

誓いよ荊棘に 姿を変えて
結ぶ縁を 護り給う
双対の眼を 柔らに閉じて
眠りの果てで 目覚め合いましょう


はためく 碧き蝶の羽根
悠久へと 祈りを運ぶ
儚き 現し世の花は
限りの瀬で その実を結ぶ

二つの螺旋 暁を幾度も送り
秘められた“証明”を暴きて
真理の音律を磨ぐ

甘やかな熱を 確かむ度に
赫く冷たい 罪を識ろう
掬われる未来を 夢見るように
眠りの果てで 目覚め合いましょう


瑠璃の中で刻の砂粒は
静寂を咎めることもなく
舞い降りては廻り廻りゆく
忘却を愁えることもなく
終幕までは 偽りなき夢幻を……


澱みなき風は 酷薄を撫で
終も告げずに 虚無に還る
救われる現在を 願えるのなら
眠りの果てで 目覚め会いましょう

ファンタジーが得意(になりたい)

Twitter→https://twitter.com/CitronSnowS  お気軽にフォロー・リプライ等どうぞ(๑´ㅂ`๑)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • No.10【GUMI】悠限のティル・ナ・ノーグ【オリジナル】

    by PAFさん

もっと見る

▲TOP