残響

投稿日:2018/10/29 18:52:09 | 文字数:495文字 | 閲覧数:91 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自堕落な生活から抜け出したい。
そんな思いを歌詞にしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
手当たり次第に散らかした
思い出の欠片 涙流して拾って
分からなくなった帰り道
手繰り寄せながら 同じ夕陽を眺めて

【Bメロ】
今日も昨日もそんな感じで
息を吸って吐いて繰り返して
それでも明日は違うよなんて
確証などないが思っちゃうよ

【サビ】
揺らめく地平線 飛び越えて
どこか遠くに行ってしまえたら
くだらない残響も 止むのかな
目指す場所などとっくに無くした
でも 光が続く限り生きるよ

【Aメロ2】
かさばったものを投げ捨てた
本当は全部 置いておきたかったけど
他人(ひと)を羨んだ帰り道
同じ風景を 同じ気持ちで見たくて

【Bメロ2】
過去も未来も僕を迷わせ
大事すぎる今を取り零して
それでも明日はやってくるって
神様ちょっとだけ意地悪だよね

【サビ2】
消えてく地平線 道しるべ
次はどこへと向かえばいいんだ
消せない残響を 抱えては
生きる意味など見つからないまま
でも 鼓動が続く限り生きるよ

【ラストサビ】
光った地平線 歩いてく
道がどんなに続いていたって
あの日の残響を 聞きながら
鼻唄なんて歌ったりしてさ
また 明日が続く限り生きるよ

Baron(バロン)と申します。
日々の生活で感じた事、触れたことを
詞にするのが好きです。

ゆっくりのんびり活動していきますので、
作品を見て頂けたら嬉しいです。
感想・要望なども気軽にお寄せください。
よろしくお願いいたします♪

曲募集中の詞は作曲者様募集中です。
命を吹き込んでやってください(笑)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP