傷重ね(きずがさね)

投稿日:2019/03/26 14:02:00 | 文字数:391文字 | 閲覧数:85 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

傷は重なって残っていく。
苦しい記憶でありながら、それは生き抜いてきた勲章でもある。
傷、というとマイナスのイメージがあるけど、それは立派なものなんだということを歌詞にしてみました。

曲募集してます。作曲にあたり、必要であれば歌詞を修正することも可能です。
音の数は1番も2番も同じにしてあります。曲調については、BPMはそんなに速くないイメージです。あとはお任せします。
まだ慣れない部分も多いですが、何卒よろしくお願いします!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
流れる時の中に
消えていった 傷一つ
真冬の寒さがしみる
輪郭を残して
B1
きっと癒えはしないだろう
問いをかけてまで
塞がなくてもいい
S1
傷の痕 抗って
抉(えぐ)り出される記憶
傷の痕 重なって
渦巻く痛み
たとえその目に蝕(むしば)まれても
息を絶やさないで
A2
有毒の音色(ねいろ)たち
刻んでいった 傷一つ
この雪が解ける前に
苦しみは伝える
B2
「これからも一緒だ」なんて
引きずる 後悔
蓋は開(あ)いたままで
S2
傷の痕 逆らって
炙(あぶ)り出される心
傷の痕 交わって
痛みの深みへ
その交点 一筋の光
影に隠れないで
D
生まれた時から
背負ってきた傷重(かさ)ねて
隠さなくてもいい
大切な証だから
S3
傷の痕 錆びついて
虚(うつ)ろな穴を埋める
キスの痕 乾いても
確かな記憶
たとえ痛みに沈んだって
託された勲章(くんしょう)

詞を書いたりしたり、色んな妄想を書き連ねていくのが好きです。変人、ではない…と思う。作曲はあまり出来ないのですが、詞で何か役に立てれば幸いです。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんにちは、6号車です。
    「傷重ね(きずがさね)」完成です。よろしくお願い致します。

    2019/05/23 00:26:07 From  6号車

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんにちは、いつもありがとうございます!
    寂しそうな雰囲気から光に向かっている感じが表れている曲で、この歌詞を書いていた時にイメージしていたものにすごく当てはまっています。
    素敵な曲をありがとうございます!

    2019/05/23 08:38:39 かとちゃん

  • 傷重ね(きずがさね)

    by 6号車さん

▲TOP