【小説】サーチライト 3

投稿日:2010/01/03 17:07:37 | 文字数:1,463文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:小説

ライセンス:

進まない……! ややこしい設定にしたせいで、その説明だけでものすごく行数使ってる気がします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 ミクの目の前にいるのは、十年以上も前、数日間しか思い出のない金髪の子ども。当時から、おそらく二、三歳しか年をとっていない。

「レン……?」

 金髪の子どもは、ミクが呼んだ名前を、不思議そうに繰り返した。高い声。
 ミクはようやく思い出した、彼は――レンは、こんな声ではなかった。どこか似てはいるけれど、もっと柔らかく包み込むような声。
 それに、目の前にいるのは、さっぱりとした印象ではあるが、女の子だ。

「あの、ごめんなさい」

 人違いだったみたいです、と続けようとしたミクを、ものすごい勢いでベッドに駆け寄った少女が遮った。

「貴女、あたしのこと知ってるんですか!?」

 その言葉に、ミクは眼を見開いたまま、停止した。

------

「あたし、一年以上前の記憶がなくて」

 ぽつりぽつりと、少女は話しだした。
 綺麗な声だと、ミクは思う。そして、やはりレンに似ている。顔も声も。だけど、何かが決定的に違った。

「社会の中で生きていけるか不安で、こんな山奥に住んでるんです。あ、この家、無断で借りてるんです。勝手に改築して。ミクさんも一度使ったからには同罪ですからね!」

 いきなりものすごい罪を着せられて、ミクは反論しようとしたが、その前に少女は沈んだ様子で続きを話し始める。

「自給自足でまぁ何とか生きてるし、腕っ節には自信あるし、ここで何とか生きていけると思ってるんです。というか、いわゆる普通の生活っていうのは、あたしには無理だと思って。記憶のことも含めて、適性ないかな、って」

 確かに、いくら古い家だとはいっても、無断で使用した上にリフォームしてしまうような人間は、社会の中でうまくやっていけるかといえば、多少は疑問かもしれない。好かれるか嫌われるか、どちらかだろうから。

「でも、どこにいてもやっぱり不安で、寂しいから。昨日貴女が倒れていてびっくりしたけれど、傷が治るまで話し相手になってくれないかな、って」

 はにかむように笑ったその少女は、とても魅力的だった。レンの微笑みとは違う、だけどどちらにも同じ闇が潜んでいた。

「話し相手……?」

「はい。あ、あたしの名前、リンっていいます」

 それだけ覚えてるんです、と少女は照れ臭そうに笑う。
 ミクは、その顔を見て、どうしよう、と考えを巡らせた。

 彼女の希望に、応えられるのなら応えたい。手当をしてくれたお礼もしたい。彼女のことを個人的にも魅力的に思う。それは事実だ。

 しかし、自分は「魔族」の賞金首であり、「奇跡の歌姫」と呼ばれた存在で、ここに留まり続ければ、リンにもおそらく被害が及ぶ。それだけは、どうあっても避けねばならない。
 自分は確かに怪我をしているが、立って歩くのに支障があるほどではない。ルカもミクを探しているだろう。

 そう、ルカはきっと自分を見つけてくれる。自分が下手にここを出て遠くへ歩いて行くのは、ルカとの合流を遅らせてしまうのではないだろうか。

 そこまで考えて、ミクは微笑んだ。女神のような美貌。

「私、連れがいるの。その人と合流できるまで、もう少しだけ、お世話になってもいいかしら」

 リンは、ぱっと花が開くような笑みを浮かべた。

「はい!」

 これでいいのだろうか、と何度も自問した。色々考えても、自分は結局、レンと同じ顔の彼女にこだわったのではないか、と。

 だけど、結局はそのまま、眠気に誘われるまま、意識は闇に溺れていった。夢の中で、きっと彼と会える気がした。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP