心針INFECTED

投稿日:2016/10/28 21:34:24 | 文字数:584文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

淡く光る街灯 静けさに身を委ねてた
過去の意図たぐり寄せ 憂いを感じた
何もかもが掛け違えたようなこの出会いはきっと
どこか遠く思い出に変わっていく


今もこの手に積もらせていく現実は色褪せてしまい
僕の声も砂のように脆く静かに消え去って


心の針を動かした君の声が
銃声のように胸を打って
切ないほどに苦しめる
涙の痛みで枯れ果てるまで

繰り返し叫んだ声
いつか見た自分の居場所
時を巻き戻せたのなら
今すぐこの胸を撃ち抜きたい


透明な旋律 街の音に掻き消されてた
夢の中気が付いた時には遅くて
目に見えないほどに歪む街もこの心も今は
嘘をつけば吐く程にに研ぎ澄まされ


また一人と消えゆく声に
気づかないふりをしていたら
誰一人も抜け出せない夜の隅に怯えたまま


鏡越しに映り込んだ胸の奥に
銃口を向けて 撃ち抜いても
君の言葉は消えなくて
うるさく耳元で鳴り響いてた

まだ僕を縛り付けて
想いは遂げられないまま
君と僕を引き剥がした
悲しみから目を逸らし続ける


通り過ぎる季節感じて1人取り残されてくのに
僕のすべて癒すような孤独に身を委ねたまま


心の針を動かした君の声が
銃声のように胸を打って
切ないほどに苦しめる
涙の痛みで枯れ果てるまで

繰り返し叫んだ声
いつか見た自分の居場所
時を巻き戻せたのなら
今すぐこの胸を撃ち抜きたい

はじめましてきなこモチです。

ボカロ楽曲

http://www.nicovideo.jp/mylist/45784284

Twitter/ryuji3932

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP