【がくぽ10周年】SAMURAI WESTERN

投稿日:2018/08/19 20:39:51 | 文字数:769文字 | 閲覧数:13 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

がくっぽいど10周年を記念して作った曲です。
とある町、荒くれどもが巣食う酒場。
そこにふらりと一人のサムライが立ち寄った...
がくぽ主演のサムライ・ウエスタンここに開幕!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

歌を 世界の果てまで

荒くれのたむろする さびれた街の酒場
俺は今 囲まれて今まさに撃たれそうだ
銃弾の飛び交う酒場の中で俺は 舞うように斬り続けてた

そして荒くれども 倒された酒場の奥から麗し淑女登場
「荒くれに困っていたところでした ぜひこの酒場の用心棒になって下さい
なんでもしますから(なんでもするとは言ってない)」

ああ どストライクの 美女 あらわる
もう 何十年でも お仕え しましょう


「俺の かわいい子分たちを やってくれたのは お前かい?」

やってきた男は 眼光鋭く ただ者ではない
目にも止まらぬ早撃ちで あやうく当たりそうだ
間一髪で避けても 次々に襲う銃弾
まさにこれ ピンチだね

突如 酒場の奥から ガトリング砲 あらわる
レディ 援護はいいが 俺にも当たるぜ


ガトリング砲の銃弾を避け、物陰に退避した俺。
そこにはさっきまで俺と戦っていた、早撃ちのあいつがいた。

「なあ、あいつ明らかにお前を狙ってね? お前、あの女に何したの?」

俺は今までの記憶を振り返った。しかし紳士な俺が女性に無礼を働くなど…
あっ! あのときの女か? いや、あの時か…あっ、ひょっとしてあの時の…
いやいや、あの時!

「だめだこりゃ」

ここは協力して脱出だ スキを見て外に出るぞ
今だ! その瞬間、酒場に飛び込んで来た保安官
「武器を捨て、手を…」言い終わらないうちに襲うガトリング
まさにこれ カオスだね

突如 壁を壊して 巨大鉄人 あらわる
「KAITO! 助けに来たよ! もう心配ないから!」

ガトリングの弾丸をものともせず暴れまわる鉄人
「めーちゃん、いけない! その鉄人はまだ未完成なんだ!」
見る見る間に白く輝きはじめる鉄人の体
あーあ、これは…爆発だね…


みんな仲良く アフロだね~

lennaと組んでやってます
よろしくです
オリジナル中心にやっていきたいと思います

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【がくぽ10周年】SAMURAI WESTERN

    by keystoneさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP