[スロゥイントゥザフラットライン] off vocal(マスタリング済)

投稿日:2019/04/21 10:28:59 | タイム/サイズ:03:18/(4,642KB) | 閲覧数:19 | カテゴリ:カラオケ/インスト

ライセンス:

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

交わす交わす 踵を鳴らす
回すスローパス 群れなす方へ
遠ざかりだす 人波を見ている

バスを降りだす その瞬間を
何故か目が 離せなかった
一挙一動 不自然はないが
地に付かない

ドアが閉まって 君が消えると
春がそよいだ いつものままに
声の不定形 黄金の鳥を
酔で誘う 祝福の道

躱して払う 未明の飛沫
概して世界の つつがなさよ
ハレのちハレが 正しく降るのを見ている

喝采が街を包みだすとき
怖くなるのは何故だろうか
乾いた街路を 横切る星の波
ありきたりな音楽

泥濘の裏側 木立の外
無駄なものなど何もないのに
隙間のない世界を裂くように
君を乗せてバスは行く


揺れる窓際 眺める景色
不満などない 黄昏の道
いつもと同じ バス停で降りて
そしてさよなら

淡い思いが 胸をよぎった
知らない街で 今降りたなら
何か少し 変わるだろうか
延いては世界が


寝惚けたように指を伸ばすと
何故だか既にベルは押されていて
同じように指を伸ばした君と
目が合ってしまった

名も知らぬ街は雨上がりの匂いがした


世界の隙間に 残された二人
顔を見合わせ 笑うばかり
高架に沿えば すぐ戻れるだろうが…

…街は幽か 踵を鳴らす
声は合わず 呼吸も合わず
遥か遠く 祭り囃子が聞こえる


喝采が街を包みだすとき
私は君の手をとった
明滅する影たちを 鼓動の二拍で追い離す
代わり映えのない街を駆ける

街灯 灰 羊皮 目眩 賽 輪転機
無駄なものなど何もないけれど
それは水色 いや 虹色だったり
ありきたりではあったな

カメラの光は 描くペンの音は
世界を焼き付く 映写機械で
日々の速度が それらをいつの間にか
都合よく並べ替えたなら

きっと笑って この日を語ろう 
整然気取った空に 星座を散らかすように
街/キミへ投げたボールが いつか返るのを待ってる

もっとみるLyrics by 物煎餅さん

(ものせんべい)です。オフボーカルにつきましては現在上がっているもの以外はデータが消失してしまっております。申し訳ございません……
お問い合わせはhttps://twitter.com/monosenbeiまで

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP