tower

投稿日:2019/05/19 01:59:35 | 文字数:337文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

"tower"

song/lyric:amber


転んだイメージの果てに見えた
君の姿から遠ざかれば
ボロボロになった心でほら
夜を見送って走り出そうか

沈まないように塞いでは見失った
戻れない今日を嘆いては置いていかれた
それでも日々を無くすより駆け上がって
時計台の上で明日を迎えるから

不格好なクロールであの岸まで
君の姿さえ見えずにいた
ボロボロになった心でほら
夜を見送って走り出そうか

口笛が遠くで聞こえていた
千切れ雲に陽が焼き付く朝
気付いたら心は何処だっけな
言葉を無くしても想いだけは

沈まないように塞いでは見失った
戻れない今日を嘆いては置いていかれた
それでも日々を無くすより駆け上がって
時計台の上で明日を迎えるから

さあ、此処まで

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • tower

    by amber_cohakuさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP