中二病二重人格記

投稿日:2016/12/26 01:09:00 | 文字数:603文字 | 閲覧数:98 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初投稿以来久々に投稿。
またの名を作者の黒歴史暴露大会。

曲つけてくれる方はメッセージくれると嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕は昔何処か違う世界
ヒーローだと思ってた
これは僕と俺の何てない交換日記

僕の事を話そうか
新しい環境についていけない
目立ってたのは過去のこと
一人歩く帰り道
誘ってくれる子なんて居なくて…

君と一緒にいて僕は変わった
僕に話しかける人が増えた
これからも側にいてお願い!
悲しそうな君の顔の意味も知らずに

指切りした

○月×日
昨日はありがとう!
君には甘えてばかりだね(笑)
君が隣にいてくれるなら
明日も部活頑張れるかな?


俺の事を話そうか
去年17の異世界の王子で
慕われてたのは過去のこと
君の前世みたいなもので
今は君の弟擬きですっ☆

俺と出会って君は変わった
昔の様な顔しだした
いつか俺なんて忘れるだろうな
そんな思いに蓋をしてしまって

指切りした

◯月□日
今日はお疲れ様!
試合頑張ったじゃん!
あの先輩なんて気にすんなよ!
君は君らしくいれば良い


死にたい…って思ったんだ

生きろよ!って叫んだんだ

二つの思い交差するノート

お願い置いてかないで!
僕には君しかいない!

「想像から産まれた俺」しか
信じられないんだ…


×月○日
呼ばれた気がした
私を呼ぶのは誰なの?
何か忘れてる、大事なこと…
あぁ、そうだ、君がいない…

置いてかないで!と
指切りしたのに
置いて行ったのは私で
サヨナラも言わせず、酷いよね?
ごめんね、それとありがとう

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP