Midnight.

投稿日:2018/08/12 18:16:49 | 文字数:442文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

遠距離恋愛がテーマです。
メールと出ると古い感じがするけど
ラインとも書きたくないそんな時代。
応募用で書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

"今何してるの?"
気になってさ
眠らない街を
見下ろしてた

迷惑になるかな
そんなことを
気にして何も出来ない
寂しい夜だ

月が遠く輝く
夜風が髪を揺らしてる
ポケットにあった飴玉
封を開けた

キミも同じ夜空を
見ていたらいいと思った
朝陽が昇る時には
メールするよ


"今の生活がフツウになる"
そんな時が来るなんて
ウソだ

キミのかわりは
誰もいないから
どうしても満たされない
切ない夜だ

キミの声が聞きたい
メールだけじゃ足りないから
話したいことたくさんあるんだ
聞いて

いつの間にか慣れてた
強いお酒 やめられない
次会う時にはきっと
ちゃんと怒って


遠くても心は繋がっているの?
ちゃんと言ってくれなきゃ
わかんないんだよ

不安だって 両思いでいてほしい
ワガママにするこの夜の
越えた先を 見せて


月が遠く輝く
夜風が髪を揺らしてる
ポケットにあった飴玉
封を開けた

甘酸っぱいオレンジ
今は少しキライになる
朝陽が昇る時には
溶けて消える

良いものを作りたいパッション
meinoocla@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP