Game Of Life

投稿日:2013/09/09 11:14:17 | 文字数:716文字 | 閲覧数:324 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

星威さんの楽曲(http://piapro.jp/t/7WzG)に投稿しました。

生きていれば、嫌なことや理不尽なことがあるけど、
絶望だけはしたくないですね。
まさか、そのために生まれてきたわけじゃないですから。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

未来のシナリオ 権力(パワー)持ってる奴が
クライマックス都合よく変えられる世界
陰謀 策略 魑魅魍魎うごめくステージ
揚げ足 タコ足 引っ張り合う 椅子取りゲーム

昔は誰もが狼のように吠えて
自由 平等 制約 伝統 価値観を壊し
今では羊のように弱弱しい声で鳴く
安心 安定 安全 安住 現状維持

この世は辛いことの方がデフォルトだから
遠吠え程度の言い訳なんて意味がないもの
きれいごと並べて何もしないより
踏み出そう 新しいステージへと

運命のルーレットを回すのは誰?
闇のマーケットにはこびる影
人生のターゲットは君だよDarlin'
最後は勝ったモン勝ち Game of life

己が己であるという証明さえ
揺らいでばかりのか弱いアイデンティティ
「ありふれた存在」が目にする光景はいつも
幻想 幻滅 現実 全滅 茨の道

現代社会生きる俺たちは歯車
誇れる武器さえ何もないけど街の底にて
今までの己を今日のステップにして
明日への階段を上ってゆく

ぎりぎりルール違反で夢を掴もう
不満をレールガンで打ち上げろ
逆転ホームランを決めちゃいなよ
結局笑ったモン勝ち Game of life

最果ての空に夢見たArcadia
そんなものはどこにあるかしら
ここは黄昏に包まれたDystopia
I'm in here!!

俺に降り注ぐ現実のCold rain
触れて疼き出す絶望のPain
愚かな行為は永遠にRefrain
保証なき明日を憂い

運命のルーレットを回すのは誰?
闇のマーケットにはこびる影
人生のターゲットは君だよDarlin'
今日も続く 命懸けた
これは一度きりのGame of life

絶賛作詞しかやってない活動中の蓬莱です。
「歌詞募集」での作詞がメインです。

自由気ままに、好きなようにいろいろ書いています。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    歌詞のご応募ありがとうございます!
    この度、歌詞の募集を行いました星威です。

    ご応募頂いた歌詞の方、拝見させて頂きました!
    また遅くなり申し訳ございませんでした…。
    つきましては説明文に記載しました「意見感想を書かせて頂く」という項に沿い、
    雑で稚拙な文章で大変恐縮ですが、意見、感想を書かせて頂きたいと思います。


    まずは…一つ一つ、言葉選びがカッコ良いなと感じました!
    連続する似たイントネーションの言葉なども組み込まれていて、
    ザックリ言ってしまえば男らしい歌詞だなと感じました。

    その一方で、素人意見ですが意見として…すみません申し上げたい事はと言えば…
    個人的に、ですがその男らしさに頑なさをどうしても感じてしまうかな…?という点や、
    比較的抽象的な言葉が多いので、情景をパッと浮かべ難いかな?という点が気になりました。

    一方で言えば逞しさと、そしてカッコ良さもある歌詞なので、
    所々の表現に中世的…或いは女性的なイメージを取り込んでみたり、
    「…ってゅーかぁ…ゲンジツとかチョーだるぃしぃー」
    ぐらいのダルいワカモノ感(これは行き過ぎですが)に崩してみるなどで、
    更に良さが引き立つのかな?と感じました…!


    以上です!
    素人意見でしたが、何か少しでもお役に立てば幸いです…!
    それでは時間が過ぎていますが、今少し選考までお待ち下さい…!

    2013/10/12 20:42:14 From  星威

  • userIcon

    メッセージのお返し

    星威さん、ご感想ありがとうございます。
    お忙しいところ、ご一読いただいて嬉しいです。

    この歌詞は、僕なりにカッコよさや現実に対してのとげとげしさを
    表そうと書いたのが良かったと思っています。
    「一発かましたろか!」的なものも含めたかったので、
    いっそう男らしい歌詞になったかなと思います。
    逆に、女性らしさがまったくない(笑)

    星威さんのご指摘どおり、
    情景が浮かびにくい点や抽象的な言葉が多いというのは、
    物書きとして、反省するところです。
    歌詞を見返してみて、そういうのを一つや二つは書けたんじゃないかなーって、
    臍をかむじゃないですけど、考えされられました。

    まだ崩し足りない、固い歌詞だから、
    中性的な面やダルいワカモノ感みたいなものが出せていないなと。
    そこは、「作詞以外の触れ合い」がまだ(いや、もっと)必要ですね。

    自分では気づかなかったところが、
    はっきりと分かることができました。
    ご指摘ありがとうございます。

    これからもよろしくお願いいたします。

    2013/10/13 13:39:26 蓬莱

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP