【中世風小説】Papillon 10

投稿日:2010/02/08 19:29:51 | 文字数:2,646文字 | 閲覧数:251 | カテゴリ:小説

ライセンス:

珍しく何も起きなかった回、かもしれない。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 無言で差し出された剣。カイトは俺をまっすぐに見て、いつもの穏やかな表情すら浮かべず、剣を持つように促した。

「ちょっと、カイト!」

 ミク姉が走ってきて、カイトを止めようとする。だが、カイトはそれすら無視して、ただ俺を見ていた。

「何やってるの、二人とも! まだ、外に出ていいなんて言われてないよ!」

「分かってる。ミクは黙ってて」

 普段は騎士たちがいるこの場所も、早朝だからか、とても静かだった。三人しかいない場所。
 差し出された剣を、俺は見つめる。カイトの意図は、よく分かった。

 俺は、震える右手で、その剣を掴もうとした。
 力だけが入って強張った指先が、鞘に触れる。触れるだけなら、出来るのに。掴もうとしても、指はほとんど曲がらなかった。曲がっても、思い通りにならない。握力なんて欠片もなくて、形だけ掴んでも、剣は足元に落ちた。
 ミク姉が息を呑んで、落ちた剣を見ていた。

「やっぱりな」

 カイトが溜息をついて、落ちた剣を拾い上げる。
 軽いものではないけれど、持ち上げるくらいなら子どもだって出来る。
 ついこの間まで、軽々と扱えていたはずだった。

「こんなことしなくても、持てないことくらい分かってた……」

 最初から諦めていたのに、わざわざ、持ってみろ、だなんて。
 そんなことされなくたって、俺はもう、騎士にはなれないって分かってた。

 たとえ左手で剣を扱えるようになっても、槍と馬を同時に扱うには、どうしたって両手が必要。
 剣を抜くのだって、両手が必要。
 わき腹の傷だって、化膿はしなかったけれど、本当の意味で完治するかどうかは分からない。今歩くだけで感じる痛みとは、一生付き合うことになるかもしれない。

 元々、器用なだけのか弱い身体だった。技術だけで体格も脆弱さもカバーしようとしていた。その「技術」が完全に失われた今、もう自分には何も残っていない。

「分かってても、俺たちに言おうとしなかっただろ。それはまだ、認めたくなかったって証拠だ」

「カイト! 別にそんな言い方しなくても、」

「いいよミク姉。その通りだから」

 ミク姉が俺を庇ってくれようとしたけれど、俺はカイトの言葉を肯定するしかない。
 恥ずかしくて言えなかった、なんて、馬鹿みたいだ。騎士として師匠である彼に、バレないはずがないのに。日常生活にすら支障をきたすようなこと、黙っていたって仕方がないのに。

「リンは、気付いてるの?」

 ミク姉が、心配そうに訊いてくる。

「……多分」

 別に俺が言ったわけではないけれど、確実に気付かれている。

 ――レンの馬鹿。

 昨日の泣き顔が目に浮かんで、俺は瞼を閉じた。

-----

 あたしの部屋ももう片付いたらしいけれど、あたしはまだ、メイコ姉の部屋にいる。今日はルカ姉も来ていて、三人でお菓子を食べながら雑談をしていた。珍しく、ミク姉はいない。

「カイトがたまに様子見てたらしいんだけど、気付いたらいなかったって。使い物になんない男ね、本当」

 呆れたようなメイコ姉の台詞に、あたしは目を見開く。
 あたしを襲い、レンを刺したあの男たち。誰かが、あの二人を逃がしたらしい。第一王子を殺しかけたというのに、何のお咎めもなく。

「どうせお母様の指図でしょ」

 お菓子を口に運びながら、ルカ姉は溜息をついた。
 もう、諦めているらしい。
 弟のことなのに、なんでそんな他人事みたいなの、と叫びたくなる。ルカ姉のことは好きだし、ルカ姉がこの争いを望んでいないのも知っているけれど、当事者なのに自覚がなさすぎる。
 仮にも母親が黒幕なのだから、説得くらいしてくれたっていいのではないだろうか。
 もちろん、それをすればさらに事態は悪化するだけなのだけれど、でも、それにしたって。

「リン」

 メイコ姉が、真面目な顔であたしを見つめる。

「王宮を出れば安全なんじゃないか、なんて思わないでね。今、あの騎士たちがどこにいるのかも分からないんだから」

 あたしは、その忠告にかっとして、立ち上がった。

「じゃあどこなら安全なの!」

 あたしの叫び声に、メイコ姉もルカ姉も、答えない。長い沈黙だった。
 ただ弟が大切なだけなのに、それすら世界は許してくれないのだという。そんなのってあるだろうか。

「……私の方が、不利だから」

 沈黙の後に、ぽつりと、ルカ姉は呟く。

「リンは多分、勘違いしてるわ。圧倒的に、私の方が不利なの。レンを次期国王に推す声の方が、王宮の中でも外でも、ずっと大きい」

 だってそうでしょう、と、ルカ姉は、この王朝の誕生の話をし始めた。

 そもそも、前の王朝が滅んだのは、三人の王子が、誰も男子に恵まれずに死んだためであった。兄から弟へと玉座が引き継がれ、けれど結局直系の男子が生まれず、さらに下の弟に引き継がれる。
 そして、その弟も死んだ時、論争が起こった。
 妹に引き継ぐか、それとも近い親戚へ――あたしの先祖へ、引き継ぐか。

 女王の誕生を認めなかったがゆえに、今の王朝が始まった。なのに、今の国王は、男子がいるのにもかかわらず、女王を生もうとしている。
 そんなこと、誰も認めるはずがない。

「じゃあ、なんで」

「だからこそよ。私が王になるには、どうしてもレンが邪魔なの。レンが王になるには、私がいてもいなくてもどっちでもいいの。私の方が不利だから、お母様は汚い手ばかり使おうとする」

 そして、お父様はそれを黙認している。自分の妻をとめようとも、自分の息子を庇おうともせずに。
 もう、お父様は、ミク姉以外の家族とは会おうとしない。国王としてのお父様がどうなのかは知らないけれど、父親としては最低だった。

「レンにとって、安全な場所なんてないかもしれない。でも、レンの方が、支援者は多いのよ。それを頼れば、もしかしたら」

 生きられるかもしれない、と。

「じゃあなんで、それをレンに言わないの?」

 あたしは、怪訝に思って、そう問う。ルカ姉は、あたしの方を見ることなく、答えた。

「支援者を頼るっていうことは、その人の良いなりになって、国を継ぐためにお父様に逆らうっていうことよ」

 それを、彼は望むかしら。
 あたしは、何も答えられない。黙っていたメイコ姉も、追い打ちをかけるように呟いた。

「お父様は、あんたを人質にするかもね」

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP