勿忘草 -わすれなぐさ-

投稿日:2018/04/15 20:54:20 | 文字数:455文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠く響く雷鳴
夏の影を引き連れてく
水平線の向こう
揺らめくように

潮を含んだ風が
頬を髪を撫で付けてく
あなたとはまるで違うその感触

勿忘草の色など
今も覚えていますか
咲き続けることできない
真夏の日差しに

偽物で不実だと
人は言うけれど
違うの…真実の愛だと知ってる
ただほんの少しだけ
あの子の眩しさに敵わなかったただそれだけ

眩しい日差しに映える
あなたの横顔が好きで
何か言いかけるたび
唇重ね

ショーウィンドウ映る
あなたに似ている輪郭
見かけるたびに振り向いていた癖

勿忘草の花など
とうに枯れてるのでしょう
咲き続けることはできない
眩しすぎて

涙を堪えて
笑顔を作った
違うの…後悔なんかしていないの
もし時を戻せても
あなたと巡り合う痛みを選ぶのでしょうから

実らぬ想い出(きおく)をビーズのように
繋いで慰めるような日々でも

偽物で不実だと
人は言うけれど
違うの…真実の愛だと知ってる
ただほんの少しだけ
あの子の眩しさに敵わなかったただそれだけ
夏に消ゆ勿忘草も…

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 勿忘草 -わすれなぐさ-

    by 乗り遅れPさん

▲TOP