harunaさん作品一覧

まだまだ未熟な文才だけれど、頑張って小説書いてます。

    作品にコメントして harunaさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    アドレサンス<自己解釈> *1(リン視点)

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    「…」
    私は、偶然聞いてしまった。
    今日は家で盛大なパーティーが開かれた。それはパーティー好きの父と母が主催で行われていて、色々な人が来ていた。
    豪華なドレスを着た大人たちや、普段の倍はある料理、いつもより光って見える大理石の床。全てが私にはまぶしく見えた。
    今はもうパーティーは終了して、それぞれ帰路へと着いていた。そして私もそろそろ部屋に戻ろうとしていると、レンと母の話し声が聞こえて立ち止まった。
    「…レン。今日でリンと寝室を別々にするのね」
    「―っ」
    私はもう少しで「嫌!」と叫びそうになった。
    何とか飲み込む。でも、新しいネグリジェを皺ができるくらいギュッと握り締めた。
    「はい。僕達ももうそろそろ14だし……」
    「…わかったわ」
    何で?
    何で……そんな事で引き離されないといけないの?
    なんでレンはそれを認めたの?
    何で―……
    そんな思考ばかりが頭を駆け巡る。ネグリジェの裾を掴む力が一層強くなった。
    耐え切れなくなって、私はその場から駆け出した。
    着慣れない真新しい大人っぽいネグリジェの裾が足にまとわりついて、走りにくい。自然に、瞳から涙が零れていた。
    「…―レンのバカッ!」
    幸い周りには誰も人はいなくて、私の呟きは誰一人聞いていない。私は自室のドアを乱暴に開け放って、乱暴に閉めた。
    背中からずずず、と滑り落ちる。
    「う…―バカバカバカバカぁ……」
    私って子供だ。
    適当な言葉が見当たらなくて、ただ泣き喚く。
    ネグリジェは、まるで一週間寝たように皺が出来ていた。

    少し落ち着いた後、私は其処にあったベットに腰掛けた。
    そして去年の誕生日に母に貰った大きな熊のぬいぐるみを自分の方へ寄せて、両手と両足でギュッと抱きしめる。本当に、今は温もりが愛おしかった。
    数分して、
    <ギイッ>
    とドアの開く音がした。少し顔を上げると、そこにはレンがいた。レンはいつもと変わりない笑顔で「リン」と私に声をかける。
    「……何?」
    私はぬいぐるみをまたギュッと抱きしめると、レンにそう言い放った。

    悪ノと同時進行で行きます。
    応援宜しくお願いします。

    ライセンス:

    投稿日時:2010/01/18 22:23:56

    閲覧数:12,562

    カテゴリ:小説[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP