Self Acceptance

投稿日:2016/04/04 20:05:31 | 文字数:402文字 | 閲覧数:117 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自分と心の中の自分との葛藤をイメージ。
今の若い子には自己受容が足りない!肯定して諦めるより、否定せずに受け入れよう!もっと自分を好きになっていいじゃないかキャンペーン!

ダミー様の曲( http://piapro.jp/t/4T8M )への応募歌詞です。激しい中にも人を鼓舞するリズムを感じました!
「Self Acceptance(セルフアクセプタンス)」とは、英語で「自己受容」の意味。そのままですね、変更したい(笑)。
Aメロ1の「向かい風が足を竦ませ でも何度でもあなたの手を掴めと」の部分が、歌ってみると何となく音韻が似てて好きなポイントです。

私自身、これからの未来を決める大切なターニングポイントにいるので、自分だったらこういう歌なら励みになるかも~と考えながら歌詞をつけさせていただきました。
ありがとうございました!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Aメロ1
きのう からの叫び声 その残響が 僕を激しく 揺さぶって
向かい風が足を竦(すく)ませ でも何度でもあなたの手を掴めと 誰かの祈りが僕の背に 
 
Bメロ1
翼を 風を味方に 行く 光を潜(くぐ)って

サビ1
暗闇に踊り出ても 流れ星のように ギラギラギラギラと 眼(まなこ)と意識を尖らせ
火を抱け 海へ散れ それ以上の覚悟をもて 望む姿に変わる日まで

Aメロ2
いま鼓動が 止まるとしたら 何を願うのか何をするべきか
悶え苦しみ でも誰にも気づかれない 手を伸ばせその痛み叫べ ああ

Bメロ2
幕を下ろすな 聞こえているから 真実が滲(にじ)まぬように
答えがあるから 次は必ずこの心 愛して抱きしめる

サビ2
闇が僕ら二つを 一つにしてくれた 過去今未来を迷わず 走れるきっと 
眼を見て 胸に刻め これが僕の望んだ僕だ 再び消えそうになったとしても僕は
何度でも僕を抱きしめるよ

作詞に興味を持ち、つい最近はじめてみました。
至らぬ点が多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いします

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは(๑◔‿◔๑)
    歌詞のご応募ありがとうございます。

    否定ではなく理解して、自分自身を変えていこうとする、力強い歌詞が心に響きますね。
    最後の「何度でも僕を抱きしめるよ」という言葉が、特に印象に残ります。自分を受け入れてこそ、人は強くなれるんですよね。

    貴重な時間を割いていただきありがとうございました。
    互いに良い方向へと進んでいけるように頑張りましょう。

    2016/04/05 02:00:20 From  ダミー

▲TOP