使い古した言葉や歌を

投稿日:2013/11/10 18:56:01 | 文字数:1,448文字 | 閲覧数:459 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

30作目です。
投稿キリ番なんて新しいですね!

違いますか、そうですね。
しかも、3ヶ月ぶりだし・・・


今回のテーマは「変わらないもの」です。
人が何かの作品から受けるメッセージや印象は
人それぞれですが、感じたいのは「感動」や「面白い」等という
心の動きだと思います。
それらを求める心に全国津々浦々違いはなく、それらを生み出す
のも、また人の心だと思うのです。

そこで誰かの心を受け取りたい誰かの為に、何かを生み出すのは
素晴らしいことだと、そして自分もそれを行っていきたいという
願いをストレートに表現してみました。
ある意味原点回帰ですね。
(そんな大それたことができているとは思っていませんが・・・)

なにか感じていただければ幸いです。

いつもの如く、ご意見・ご感想、「今でしょ!」など
どんな一言でもお待ちしています!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1Aメロ
どこにでもある言葉や歌を
どうしてみんな聞きたがるのか
それはきっと恋や愛には
色や形がないからだろう

どこにでもある詩や旋律に
どうしてみんな触れたがるのか
それはきっと音や文字には
熱や香りがないからだろう


1Bメロ
あなたの心の中にある
変わらない何かを震わせる
そんな魔法みたいなものも
あなたの心の中にある


1サビ
ありふれた言葉だからこそ
誰の中にも届いていける
他の誰かに似ているなにか
今もみんなが求めているよ

聞いたことある曲だからこそ
誰の中にも響いていける
誰もが共鳴したいんだ
自分という孤独の中で


2Aメロ
どこかで見たことあるものを
どうしてみんな探してしまう
それはきっと 過去や記憶に
色や形が あるからだろう

どこかで見たことあるという
言葉をどうしてつぶやくのかな
それはきっと思い出の中に
そのぬくもりがあるからだろう


2Bメロ
世界のどこでも変わらない
それならあなたもそのひとつ
遠くにいても近くにいても
心はなにかでつながっている


2サビ
使い古した言葉や歌を
聞きたいという誰かの為に
誰もが自分を伝えてる 
たとえ目には見えないものでも

使い古した言葉や歌に
心を重ねる誰かの為に
今日も誰かが叫び続ける
「ここだよ」という願いと共に


3サビ
使い古した言葉や歌を
求め続ける心のために
見慣れた形で構わない
どこかで誰かが待ってるから

使い古した言葉や歌を
何度も何度も届けたい
世界中にたったひとりの
あなたへと響きますように





*******ひらがな歌詞********


どこにでもあることばやうたお
どうしてみんなききたがるのか
それわきっとこいやあいにわ
いろやかたちがないからだろう


どこにでもあるしやせんりつに
どうしてみんなふれたがるのか
それわきっとおとやもじにわ
ねつやかおりがないからだろう

1Bメロ
あなたのこころのなかにある
かわらないなにかおふるわせる
そんなまほうみたいなものも
あなたのこころのなかにある


1サビ
ありふれたことばだからこそ
だれのなかにもとどいていける
ほかのだれかににているなにか
いまもみんながもとめているよ

きいたことあるきょくだからこそ
だれのなかにもひびいていける
だれもがきょうめいしたいんだ
じぶんというこどくのなかで


2Aメロ
どこかでみたことあるものお
どうしてみんなさがしてしまう
それわきっと かこやきおくに
いろやかたちが あるからだろう

どこかでみたことあるという
ことばおどうしてつぶやくのかな
それわきっとおもいでのなかに
そのぬくもりがあるからだろう

2Bメロ
せかいのどこでもかわらない
それならあなたもそのひとつ
とおくにいてもちかくにいても
こころわなにかでつながっている


2サビ
つかいふるしたことばやうたお
ききたいというだれかのために
だれもがじぶんおつたえてる 
たとえめにわみえないものでも

つかいふるしたことばやうたに
こころおかさねるだれかのために
きょうもだれかがさけびつづける
「ここだよ」というねがいとともに

3サビ
つかいふるしたことばやうたお
もとめめつづけるこころのために
みなれたたかたちでかまわない
どこかでだれかがまってるから

つかいふるしたことばやうたお
なんどもなんどもとどけたい
せかいじゅうにたったひとりの
あなたえとひびきますように

ゆっくりすぎるマイペースで作詞をしています。

相変わらず「こんなとこにいていいのか」という
思いはありますが、創作は続けていきたいなと思う今日このごろです。
プロフ絵、誰か描いてくれないかなぁ(切実)

もし自分の歌詞を使いたいという方がおられましたら、ご連絡いただければ、
ご自由に使っていただいて構いませんのでどうかご遠慮なく。

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは。
    お待たせしてしまって申し訳ありません。
    曲と動画が完成しましたので連絡致します。
    お時間のある時にご視聴いただければ幸いです。
    この度は本当にありがとうございました。

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm24214651

    2014/08/11 22:13:22 From  まさくに(疾風P)

  • userIcon

    ご意見・感想

    ご返信ありがとうございます。
    歌詞の件、そのまま変更なしでいきたいと思います。
    それでは曲完成までしばらくお時間ください。

    2014/06/02 18:31:40 From  まさくに(疾風P)

  • userIcon

    ご意見・感想

    ありがとうございます!
    わかりやすくて共感出来て、言葉と言葉のつながりとかよくまとまっていると感じました。それと何よりも曲付けしやすい歌詞ですね。
    自分は作曲に関して未熟者ですが良い曲が出来るように頑張ります。よろしくお願い致します。
    今のところ曲調はストレートなロック、ボカロは初音ミク(SOLID)で力強い感じにしようと思っております。
    歌詞の改変の件、1点だけ気になった点が『聞』と言う漢字が1Aメロ、2サビでありますが、音楽などだと『聴』が一般的に使われている気がします。
    しかし、意図的な狙いがあるとすればそのままでも良いと思います。
    ただ『聴』に変えてしまうと何か違うかなという感じもします。
    もしくはひらがなにしてしまうのもアリかなとも思います。あとは別の言葉に置き換えるとか・・・。
    う~ん、難しいですね^^;
    曲の進捗状況はこちらからまたメッセージさせていただきます。
    それではよろしくお願い致します。

    2014/05/17 22:36:57 From  まさくに(疾風P)

  • userIcon

    メッセージのお返し

    まさくにさん、こんばんは。
    連絡が遅くなり申し訳ございません。

    完全な素人のイメージとしては淡々としたポップスかなと思っていましたが、
    ストレートなロックということで、よりメッセージ性の強い作品になりそうで
    完成が楽しみです。どうかよろしくお願い致します。

    1Aメロとサビの「聞」という単語は、どちらかというと意識して聞くのではなく
    「聞こえてくる」という意味合いが強いので、意味を深く知るためではなく、
    ただ聞いてみたいという願いを表すにはこちらのほうがいいかなと、この文字にしています。
    ものすごく深い意味があるわけではありませんが、これでいいかと思っています。
    ご意見、ありがとうございます。

    なにかありましたら、なんでもご連絡ください。
    よろしくお願い致します。
    それでは

    2014/05/29 23:06:50 オボロン

  • userIcon

    使わせてもらいました

    はじめまして。
    まさくに(疾風P)と申します。
    作品を読んでいるうちにメロディが浮かんできまして、是非曲を付けて完成させてみたいと思いました。
    こちらの作品に曲をつけさせていただいてもよろしいでしょうか?

    2014/05/16 23:44:06 From  まさくに(疾風P)

  • userIcon

    メッセージのお返し

    まさくにさん、はじめまして。オボロンと申します。

    何百、何千とある歌詞の中で、自分の作品に目を止めていただいて
    ありがとうございます!心から嬉しく思います。

    しかも、曲を付けていただけるという申し出もいただいて
    本当にありがたいです。ぜひよろしくお願い致します。

    もし歌詞の改変や追記などが必要でしたら、できるだけ対処いたしますので、
    なんでもご相談ください。

    どうかよろしくお願い致します。
    楽しみにしています。

    2014/05/17 02:15:31 オボロン

もっとみる(6)
  • 【初音ミクAppend】使い古した言葉や歌を【オリジナル曲】

    by まさくに(疾風P)さん

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP