Do I have to spell it out?

投稿日:2013/11/29 21:31:35 | 文字数:375文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

君だけなのに

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真夜中はなみだ色
手のひらで躍らせる

また会いたいから待っていた
忘れたことも忘れてた
けど傘は
もういらない

あー、見えないのは
君だけ、君だけなのに
笑う声が 足音が
鼻歌が たりないよ

思い出せなくなるまで
もう少し雨に濡れていたい


夢の中見たエーテル
信仰もうすれてる

また会いたいから待っていた
知らないことも知らないで
だからもう
打ち明けよう

あー、本もお皿も
何も消えてないのに
虚しさが 寂しさが
静けさが うるさいよ

ただ憧れてたいだけ
鏡を見るのは苦手だから


相変わらず好き嫌いして
夜ふかしするのも続いてるよ
僕は だめなんだよ
「だめなひとね」って君が
叱ってくれないから


あー、見えないのは
君だけ、君だけなのに
笑う声が 足音が
鼻歌が たりないよ

口に出してみたいような
慰め言葉を口ずさんで

イラストは白彦さんに描いていただきました!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP