瞳の道標(しるべ)

投稿日:2017/01/25 21:42:16 | 文字数:383文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

転んだ膝の痛みは今でも
強く
君の瞳をよぎらせた

喪失(な)くした続き探していたら
風が
強く頬を掠めていた

さよなら
まだ言わないでおく
瞳はまだ過去を映すべきじゃなくて
明日を
ただ見据えて進むためには
必要なら涙だって痛みだって道標へと変えて

グラス越しの景色は今でも
本音
隠す僕の弱さだから

懐かしい声を手をもう一度
そんな
祈りに似た枷だけど

走るよ
いつかの僕に夢
告げた君と並べるようになりたくて
明日の
自分を追い越すくらいに
帰らぬ日々駆け抜けたらまたあの瞳に会える

何度も
何度も
僕は迷って

何度も
何度も
僕は転び

何度も
何度も
あの日の瞳

何度も
何度も
僕を照らす

さよなら
まだ言わないでおく
瞳はまだ過去を映すべきじゃなくて
明日を
ただ見据えて進むためには
必要なら涙だって痛みだって道標へと変えて

走るよ

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP