ミッドナイトガーデン

投稿日:2019/07/28 23:58:10 | 文字数:504文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

欲しくて、欲しくない。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
冷たい空気が頬を刺した
ベランダで月を眺める午前1時
その光がやけに眩しくて
直ぐに背を向けて膝を抱えた

【B】
見ないで 照らさないで 暴かないで
差し込む光が嘲笑う
こうして 背を向けて 目を瞑って
何も考えず眠りたい

【サビ】
今日は満月だから君に会いたくない
何もかもを照らしだしてしまうから
明日になったら会おう
この邪な心を隠せたら
雲に隠れて君を呼ぼう


【A】
誰もいなくなってしまった
静寂が広がる午前3時
世界に1人だけ取り残された
寂しくて心地よい空間だ

【B】
来ないで 聞かないで 呆れないで
切り込む風が囁いてく
「どうして」 足掻いて 膝抱えて
この身を投げてしまいたい

【サビ】
朝が来るまで側にいて。なんて言わない
終わりを感じて寂しくなるから
優しい夢の中にいて
枯れ果てた声を隠せたら
扉越しに挨拶しよう


【C】
ガラスの靴はもう履けない
壊れて散ってしまったから
魔法は溶けてもうおしまい


【サビ】
もうすぐ季節が変わるのに君を呼べない
優しさに連れ去られてしまうから
愛しさと割り切れたなら
その時は駆け出して行こう
この手で君を捕まえよう

好きな曲を楽しく歌わせていただいております。
http://www.nicovideo.jp/mylist/30307865

icon⇒苺ろみるく様

つらつらと気ままに書いた歌詞を置いておきます。
曲をつけてみたい!という方はぜひお声がけ下さい。
是非歌わせていただけたらとも思います。
仮歌依頼も受け付けております。
※上記全てTwitterDMまたはメールにて【事前に】ご相談ください
Twitter⇒@outouotuo

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP