Nothing(仮)

投稿日:2019/07/15 21:03:13 | 文字数:439文字 | 閲覧数:36 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

kinucocoa様への応募用歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

捨ててしまったんだ 夢見てた自分を
いつからなのかも 分からないほど前に

昔はわたし 若かったねなんて
そんな言い訳する 年じゃないでしょう

わがまま言わない いい子
演じてるの 飽きたし
このままどこかに 飛んでいっても構わない

遠く遠く 誰もいない場所
早く早く わたしを連れて行ってよお願い
七色の坂 のぼり切ったらきっと
まだ見ぬ世界 広がってるはずよ




続いてく日常 切ってしまいたくなる
飽き飽きするほどに 単調な毎日

昔はわたし 夢見る少女だった
そんな言い訳は 何の意味もないよ

変わりばえのないわたしと 変わりつつある周り
比べてしまうの どうしても
焦りだけとても鮮明

わがまま言わない いい子
演じてるの いつも
変わりたいのにね 飛んで行っちゃえ何もかも

遠く遠く 誰もいない場所
早く早く そこまで行きたい

遠い遠い 夢が見える場所
早く早く たどり着きたい今すぐにでも
虹色の道 歩き切ったらそこに
新しい世界 広がってるはずよ

よろしくお願いいたします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP