四季巡り

投稿日:2016/08/17 16:15:46 | 文字数:305文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

オリジナル曲、「四季巡り」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【四季巡り】

目を閉じると考えるの 何回も徴かぞえ
あなたのこと いつの間にか側にいる あたりまえに考えていた
時、刻まれていく 募る思いを届けよう

季節巡り 花の中香る あなたの声 今も確かめた
ここかな

夏の蒼空に打ち上がる 儚い光みたいに 
通り過ぎてゆく あなたの笑顔を見つめて

蒼い空へ 手を伸ばすように 顔を上げていこう
確かめた気持ちと

季節回り 秋風が揺れる 藍色した水に映る顔
ふたりで

いつまでも側にいるね 遠く歩いていた
いつまでの側にいてね 手と手つないで

寒い冬に 離れていても ぬくもりを
どこまでも感じて
季節巡り 幾度めかの芽吹き 咲き誇った花の色かぞえ
しるして

初めまして。
こそこそ曲作りをしますが、なんか全然成長できてないような気が…。
みなさん仲良くして下さい。

Twitter
http://twitter.com/mua64

マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/29370752

すてきなサムネはピアプロコラボ「絵描きます!」のおもだかさんに描いていただきました。感謝!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】四季巡り【オリジナル】

    by 睦亜さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP