サンカ「そのオオカミは滑稽に踊る」初音ミク

投稿日:2019/04/19 23:56:15 | タイム/サイズ:03:56/(4,606KB) | 閲覧数:22 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

おかしな奴の話です。
しっかりとフルでの作詩編曲と絵も初めてです。

Twitter:@Sanca_003

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

塗りつぶされた 黒い筋書き
窓の向こうには雛烏(ひながらす)
虐げられた 野うさぎ吊るす
夜は密やかに近付いた
目抜き通りの 巫山戯た飾り
黄色い笑みとラピスラズリ
抑えられない 弱い熱情
お誘いとあらば否めない

『空に願いをかけようね・・・』

闇の中優雅に走りぬけて 
溢れ出る血の残り香を漂わせる
嫌なことは忘れて踊りましょう 
乗る人の無い幌馬車も音に揺れる
靴を捨てて 夜を抜けて 
鼻を利かせて貪りつく
夢現の中で響く
言葉が思い出せないまま…!

鼻唄交じり とぼけた羊
空を見下ろした風見鶏
花を数えた 壊れた時計
町は鮮やかに色づいた

今日も素晴らしい世界が待っている。 
『もっと遠い場所へ遊びに行きましょう!』

町はずれ大きな館の中
壁掛けの絵に閉じ込めた赤いスカーフ
ひび割れた大きな鏡の中
燃え盛る火に照らされた影が踊る

声をあげて雨に濡れて
ひどく疲れて夢の中へ
誰もいない部屋でひとり
心を抑えられないまま

いつか空を自由に泳いだり
誰にもできないこと果たすのさ
手持ち無沙汰夢を描くサニタリー
こだわり抜いた高価なカトラリー

甘い香りに今日も誘われて
月明りのステージで踊るのさ
もっと。

闇の中優雅に走りぬけて 
溢れ出る血の残り香を漂わせる
嫌なことは忘れて踊りましょう 
乗る人の無い幌馬車も音に揺れる
靴を捨てて 夜を抜けて
鼻を利かせて貪りつく
夢現の中で響く
言葉が思い出せないまま...!!

もっとみるLyrics by Sanca003さん

ボカロ曲を投稿したり絵を描いたりしています。
基本ご自由にどうぞ。
ツイッター Sanca_003

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/36

  • 【初音ミク】 120改

    by きょお1さん

  • 初音ミク『アイアムノットアヒーロー』(マジカルミライ2019応募作品)

    by 水彩画Pさん

  • 【初音ミク】 歌詞募集 6/18まで

    by きょお1さん

  • ある計画は今も密かに

    by 森羅さん

  • 夜明けと蛍

    by n-bunaさん

  • キミの羽根でいたい

    by ぽとふさん

  • インフィニウム/初音ミク

    by ヒツジさん

  • 裏表ラバーズ

    by wowakaさん

  • from Y to Y

    by OneRoomさん

  • ウミユリ海底譚

    by n-bunaさん

もっと見る

▲TOP