スピル

投稿日:2022/04/16 14:31:56 | 文字数:394文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

このままでいられたら
僕はそれでもいいかなって
心にもない言葉で嘘を重ねる
大きくなった不安が溢れかえる前に言わなくちゃ
嗚呼 何を言いたいのか忘れてしまった

人生の価値は非売品だった
誰からも必要とされないみたいで
手にする喜びが溢れる度に
落ちていく幸せが増えていくガラクタ

涙はきっと枯れやしない
受け皿は溢れて
ごめんね まだ零れそうだ
長い夜が繰り返す度に
増えてゆく

このままでいられたら
僕はそれでもいいかなって
心にできた傷口が嘘で震える
大きくなった身体が事切れる前に言わなくちゃ
嗚呼 何を言えばいいか分からなくなった

近頃の夢は醒めないリアル
誰からも必要とされない悪夢で
手に取る喜びが溢れる前に
口にして幸せを飲み込んだガラクタ

心はきっと埋まらないや
受け皿に吐き出した
ごめんね もう解けないよ
深い夜を繰り返す度に
零れてゆく

命が零れてゆく…

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP