ヘタレ王子様とわがまま女王様

投稿日:2012/01/19 18:41:44 | 文字数:1,036文字 | 閲覧数:128 | カテゴリ:小説

ライセンス:

メイコさんとつんでれって、結構意外で良いですよねー

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


ヘタレ王子様とわがまま女王様










「めーちゃん?今日新入生来るはずだよ?」

めーちゃんは相変わらず、部屋にこもったまま出てこない。

ここは、電子世界。

たくさんの二次元の住人が行き来する。

今日は、ボーカロイドの新しい子がくるはずなんだけど・・・

「こんにちわーカイトさんとメイコさんいませんk・・・」

そう言う声が聞こえた。

ドアが開くとツインテールの女の子が。

ミクちゃん(確か)が僕のほうをちらりと見る。

すると、反対方向に一回転するとミクちゃんは走り出した。

「えええええ!ちょっ、ちょっとおおお!?」

-五分後-

「ごめんなさい・・・変態さんかと・・」

ミクちゃんが茶の間に座る。

僕はお茶をミクちゃんの前に出す。

あの後、僕は猛ダッシュで走り、ミクちゃんに説得しに行ったのだ。

でも、あの時はただ立ってたはずなんだけど・・・

「では、カイトさん、メイコさんを呼びに行きますね・・・」

ミクちゃんは、そういうと立ち上がる。

「それはダメ・・・」

そういうと、ミクちゃんはまたも逃げ出す姿勢になっている。

「いやいやいやいやいや、違うよ!?別に犯したとか(いろいろな意味で)じゃないからね!?」

そうすると納得したのか、また座りなおす。

「いや、いまめーちゃん怒ってて・・・」

すると、ミクちゃんは腰から何かを取り出す。

それは・・・・

「ネギ!?」

思わず叫ぶ。

だがそれにもかまわずめーちゃんの部屋に突き刺した。

薄い木の板が吹き飛ぶ。

すると中から、おびえためーちゃんが出てきた。

「ちょっと、なななななな、今のなあqwせdrftgyふじこl;」

「めーちゃん、語尾が聞き取れないよ!?大丈夫!?」

すると、そのとき、めーちゃんはぴくり、と肩を動かした。

「な、なによ・・・別におびえてなんかっ///」

これだから、めーちゃんはかわいい。

「ああ、もしかしてー」

ミクちゃんはにやにやすると、

「新婚さん、でしたか?」

と一言。

僕とめーちゃんは思わず真っ赤になる。

「がんばってくださいね、」

すると、ミクちゃんはめーちゃんの耳に口を近づけて何か言う。

するとめーちゃんの頭から湯気が。

「別に、結婚・・・とかかか、そもそも、コヅクリとかっ/////」

だけどそのとき僕は、ほかの事に気をとられていた。


・・・このドア、どうしよう。

次回へ

「暇だ」と「お腹すいた」が口癖。

けして暇ではない。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP