現世(うつしよ)ノ浄土

投稿日:2010/02/13 11:18:37 | 文字数:690文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

藤原道長の作った法成寺をトマス=モアのユートピアになぞらえて、私の座右の銘である「現世こそ地獄」を組み合わせて作りました。
この世を生きることは決して楽な事ではない。そんな思いを込めて作りました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

《1番》

灼熱の太陽が 照りつける大地

感情(こころ)と言う枷に 囚われて 

彷徨う 私は罪人(とがびと)

どんなに深い嘆きも どんなに暗い憎しみも

全てから解き放ってくれる その地こそが現世ノ浄土

彼の地へと導く 黄金の御堂(みどう)は

決して欠ける事の無い 望月の光を

背に受けて 輝くと言う

救いの光求めて 当ても無く只彷徨う

荒れ果てた世界に 今日も夜がやって来る

疲れ切ったこの身体を 砂の上に投げ出して

見上げれば 夜空に浮かぶ 上弦の月

《2番》

凍りつく様な風が 吹き荒ぶ大地

無明(むみょう)の業(つみ)を背負わされて

彷徨う 私は罪人(とがびと)

今日も苦しみぬいた 明日も苦しむだろう

せめてまた日が昇るまで 身を委ねる浅きまどろみに

夢の中で見た 黄金の御堂は

西の空から昇る 日輪の光を

背に受けて 輝いていた

救いの光求めて 旅を続けて来たから

夢の様なこの夢から 醒めないで永遠(とわ)に

切なる願い空しく 現世に引き戻すは

東の 空から昇る 日輪の光

《ラスト》

太陽は東から昇り 西に沈む

月は満ちては欠ける 欠けてはまた満ちる

それが不変の理(ことわり)

救いの光求めて 旅を続けて来たから

そして私は 一つの理を知った

現世に救いはない 現世から救われる事

それが現世で只一つの救い

理屈では分かっていても 魂は拒み続ける

苦しむ為に生まれたなんて 思いたくないから

矛盾と不条理に満ちた この世界の何処にも無い

だからこそ 強く 輝く それが現世ノ浄土(ユートピア)

初めまして。
ボーカロイドは前々から好きで、自分でも曲を作ってみたいと思っていたのですが、自分にできるかどうか分らず踏ん切りがつきませんでした。
しかし、両国忍者Pの「両国エレジー」と言う曲を聞いた瞬間、ボカロマスターとして立ち上がる事を決意しました。
遅ればせながら、本日KAITOを迎えて、晴れてボカロマスターとなりました。

楽器の演奏経験も皆無に等しく、音楽に関しては素人ですので、皆様のアドバイスやご指導などを頂ければ大変にありがたいです。
また、絵も描けませんので素敵なイラストがあれば頂戴しに参るつもりです(笑)。

モチロン、ボカロを通しての交流も大歓迎です。

TOPのイラストはニコニコに投稿した自作曲「現世ノ浄土」で提供して頂いた物を使用しております。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP