玩具屋カイくんの販売日誌(163)  “はっちゅーね”との、ひととき (その3)

投稿日:2012/08/04 21:42:07 | 文字数:969文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:小説

ライセンス:

会話や電話の他にも、コミュニケーションが取れる手段があればいいですね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「デフォ子さんの声が、聞こえたの?」
りりィさんは聞き返した。

ゆくりさんのお店の棚に置いてある“はちゅーね”人形。
それが、急にしゃべったのだ。

いままで、リンちゃんと言い合いをしていた、天使のコスチュームのレンくんまでが、
不思議な顔をして、人形をのぞき込んでいる。

りりィさんは、モモちゃんに聞いた。
「デフォ子さんって、この人形を作られた方でしょう?」

「ええ、そうです」
モモちゃんは答えた。


●パターンにないコトバ

いっぽう、こちらは、デザイナーのアトリエがある「ニコビレ」の作業室。

机の上に、ぽつんと置かれた、デフォ子さんの“はっちゅーね人形”。
これが、先ほどみんなの会話に入るように、受け答えをした。

まわりにいた3人が、囲んでのぞき込んでいる。

「しゃべったね」
「うん」
ルナさんと、デフォ子さんがうなずき合った。

「いちおう、これ、しゃべる人形だから、答えてもおかしくはないけど…」
「でも、答えるパターンは、決まっているんでしょ?」
ルナさんは、デフォ子さんとミクちゃんに聞いた。

「ええ。大体、20通りくらいの決まった返事ができるの。体の中に反応装置が埋め込まれていて…」
ミクちゃんが答えた。

「そう。でもサ、さっきの答えは、全然、そのパターンの中に、無いコトバなんだ」
デフォ子さんが言う。

「それに、さっきの声、どこかで聞いたことがあった…」
ミクちゃんがつぶやいた。

「リンちゃんの声に似てたナ」
「リンちゃん?」
ルナさんが聞いた。

「ええ、高校生の女の子。アニキのやってる玩具屋の、常連の子なの」


●電話をかけてみて…

また、舞台はゆくりさんのお店に戻って…

「ねえ、モモさん」
りりィさんが、売場の棚の“はっちゅーね”を見つめていたながら、言った。
「あなたは、デフォ子さんのお友達かしら?」
「はい」
モモちゃんは答えた。

彼女は何かを考えるながら、続けた。
「もし、差し支えなければ、ちょっと今、彼女に電話してみてくださる?」
「え?電話を?」

モモちゃんは不思議そうな顔をした。
でも彼女も、さっき人形から突然、デフォ子さんの声がしたので、気になっていたのだった。

そこで、彼女に電話をかけてみることにした。 (・・∂)

(次回に続く)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は!

    今回は、はっちゅーね人形さんの不思議ですね。製作者も中の人(?)も、デフォ子さんのはずなのに、どうも”リンちゃん”の要素があるようで、これからが楽しみです~♪

    受け答えする人形は、科学的にも物理的にも、だいたい20通りくらいのパターンが中に仕込まれているわけですが、考えてみると、i○honeとか他のスマホの受け答えシステムの”アレ”って、そう考えると凄い技術な気がしてきました。クラウド技術なんですから、受け答え部分がもの凄い数があるわけで…

    私は子供の頃は、科学的に凄いと思う玩具には結構飛びつきました。あらかじめ本体に命令の声を録音しておいて、本体に向かって、その言葉と同じ言葉をかけると、命令した事を実行するおもちゃ。アノ時代では、”ほぼ全く同じ声”でないと命令を聞いてくれなくて、困った思い出があります。

    次回も楽しみにしてますね、ではでは~♪

    2012/08/04 21:55:49 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、感想有難うございます!

    >○honeとか他のスマホの受け答えシステムの”アレ”って、そう考えると凄い技術な気がしてきました。クラウド技術なんですから、受け答え部分がもの凄い数があるわけで…

    うーん。鋭い! クラウド…
    妙なお話をする人形の謎は、クラウドの考え方に近いかも知れません。

    現代の技術は、クラウドというシステムがありますね。昔の人が触れたら、まさにそれって、ファンタジーの世界に見えるでしょうね。

    >製作者も中の人(?)も、デフォ子さんのはずなのに、

    そうですね。ある意味、デフォ子さんの魂が宿ってるかもです(笑)
    ちなみに、音源としての「デフォ子」には、中の人はいないんだそうですね...
    その辺も、面白いですが。

    また、感想を聞かせてください!

    2012/08/04 22:47:33 tamaonion

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP