あたりまえだのクラッシャー

投稿日:2017/04/12 00:40:33 | 文字数:585文字 | 閲覧数:223 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

特に意味はないです

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あたりまえだったあのころには
あたりまえのようにもどれなくって
そんなあたりまえのことを
あたりまえだとおもっている
ボクがきらいなんです

たいようはひがしからのぼって
きみのいえはあのさかのむこうで
がっこうはふみきりのむこうで
ボクはいま
きみのことをかんがえていて

あー
たりまえなんてホントはなくて
あー
たりまえだとしんじているだけ
ほんのちょっとちがえば
それはそれじゃなくて
ほんのちょっとちがえば
アレはコレで××で
あっ
たりまえなんて
あたりまえだけどあたりまえに
ありゃしないんだよ

あたりまえだったあのころは
あたりまえにあったとおもってるけど
それがホントにあたりまえだったか
わからないあたりまえの
ボクがきらいなんです

とうさんとかあさんがいて
あいしあってボクがうまれて
あいしあうってかんたんなことばで
ボクはいま
きみのことをかんがえていて

あー
たりまえなんてホントはウソで
あー
いしてるなんてわらいばなしで
ほんのちょっとちがえば
ボクはボクじゃなくて
ほんのちょっとちがえば
アレもコレも××で
あっ
というまに
あいのまにまに
あたりまえの
あたりまえなんだよ

あたりまえだったあのころには
あたりまえのようにもどれなくって
そんなデタラメなウソを
あたりまえだとおもっている
ボクがほんのちょっと
すきなんです

作曲者様・絵師様・動画師様、少しでも気になったら気軽にメッセージください。歌詞使用の際は事前に一言確認してくださると助かりますm(__)m
楽曲募集タグのない作品は自分でDTM練習に使っているか既に作曲者様がきまってる可能性がありますので。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP