ハートビート・サブマリン

投稿日:2016/07/22 21:21:27 | 文字数:1,491文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

応募用です。
ハートビートで「胸の鼓動」
サブマリンで「潜水艦」。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君の胸に波打つ
海の音を追いかけて
どこまでも降りていく
ハートビート・サブマリン

今日はどんなことがあったの?
笑う声、泡みたいに弾けた
飛び込んだその瞬間から、もう
君に夢中になってる

キラキラ光る飛沫を
横目に眺めながらね
深くまで潜っていく
もっと君を知りたくて

海の底に眠った
宝石箱を求めて。
知らない色の景色
それすら、今、うれしくて


今日はなんだか悲しげだね
サーチライトで優しく照らして
冷たく沈めた涙の色も
柔らかく変えてあげたい

頬を撫でる水の泡
囁くように弾けて
探りあてたのはきっと
宝石箱、開く鍵

君がそっと隠した
色とりどりの宝石
拾い上げた手の中
何よりも綺麗だった

胸の鼓動辿って
波の音のその先に
君の心、見つけた
ハートビート・サブマリン



(補足版)

<サビ>
君(きみ)の胸(むね)に波打(なみう)つ 【2‐4‐2‐2:10】
海(うみ)の音(おと)を追(お)いかけて 【3‐4‐1‐3:11】
どこまでも降(お)りていく 【2‐4‐2‐2:10】
ハートビート・サブマリン 【3‐4‐1‐3:11】

1番
<A>
今日(きょう)はどんなことがあったの? 【3‐4‐3‐3:13】
笑(わら)う声(こえ)、泡(あわ)みたいに弾(はじ)けた【3‐4‐3‐2‐3:15】
飛(と)び込(こ)んだその瞬間(しゅんかん)から、もう 【3‐4‐3‐2‐3:15】

君(きみ)に夢中(むちゅう)になってる 【3‐4‐2‐3:12】

<B>
キラキラ光(ひか)る飛沫(しぶき)を 【2‐2‐3‐2‐2:11】
横目(よこめ)に眺(なが)めながらね 【2‐2‐3‐2‐2:11】 
深(ふか)くまで潜(もぐ)っていく 【2‐2‐3‐2‐2:11】
もっと君(きみ)を知(し)りたくて 【2‐2‐3‐2‐2:11】

<サビ>
海(うみ)の底(そこ)に眠(ねむ)った 【2‐4‐2‐2:10】
宝石箱(ほうせきばこ)を求(もと)めて。 【3‐4‐1‐3:11】
知(し)らない色(いろ)の景色(けしき) 【2‐4‐2‐2:10】
それすら、今(いま)、うれしくて 【3‐4‐1‐3:11】

2番
<A>
今日(きょう)はなんだか悲(かな)しげだね 【3‐4‐3‐3:13】
サーチライトで優(やさ)しく照(て)らして 【3‐4‐3‐2‐3:15】
冷(つめ)たく沈(しず)めた涙(なみだ)の色(いろ)も 【3‐4‐3‐2‐3:15】
柔(やわ)らかく変(か)えてあげたい 【3‐4‐2‐3:12】

<B>
頬(ほほ)を撫(な)でる水(みず)の泡(あわ) 【2‐2‐3‐2‐2:11】
囁(ささや)くように弾(はじ)けて 【2‐2‐3‐2‐2:11】
探(さぐ)りあてたのはきっと 【2‐2‐3‐2‐2:11】
宝石箱(ほうせきばこ)、開(ひら)く鍵(かぎ) 【2‐2‐3‐2‐2:11】

<サビ>
君(きみ)がそっと隠(かく)した 【2‐4‐2‐2:10】
色(いろ)とりどりの宝石(ほうせき)【3‐4‐1‐3:11】 
拾(ひろ)い上(あ)げた手(て)の中(なか)【2‐4‐2‐2:10】 
何(なに)よりも綺麗(きれい)だった 【3‐4‐1‐3:11】

<サビ>
胸(むね)の鼓動(こどう)辿(たど)って 【2‐4‐2‐2:10】
波(なみ)の音(おと)のその先(さき)に 【3‐4‐1‐3:11】
君(きみ)の心(こころ)、見(み)つけた 【2‐4‐2‐2:10】
ハートビート・サブマリン 【3‐4‐1‐3:11】

作詞メインで活動中です!
ブクマ等、気軽にしていただけるとうれしいです!

 ご依頼などいただける場合はメッセージをお願いします。曲先でも歌詞先でも大丈夫です。また、曲募集中の歌詞で気に入ったものがあれば、それを曲に合わせて字数調整もいたします。お気軽にどうぞ。

たまにもそもそ描いた絵もあげていきたいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP