投稿日:2021/12/05 23:03:14 | 文字数:148文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

乾いた染み跡の余暇を准え
指から伝わりし熱が引くまで
突い居る痛み止め求めずに

切り裂いた瞼 君だけを見留める為に裂いた
瞬きは無用 在りし日を写すだけの闇など
剥き出しの視界 君何故か怯えても尚見てた
開かりは不要 狂い咲く春の死後に祈りを

瞼、瞼。 瞼。瞼、 瞼、瞼。 瞼。瞼、 いらなし

作詞してます。御用の際はメッセージでどうぞ。
歌詞を使う際は、作詞に出来立てオスカルとご明記下さいませ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP