【ヘッドフォンアクター】We need a blanket!【原曲者に謝れ】

投稿日:2012/05/24 21:53:46 | 文字数:4,516文字 | 閲覧数:762 | カテゴリ:小説

ライセンス:

疑うよ。


そこから見る街の風景は
まるで実験施設の様でさ


「毛布必要だ。」


◇wwwなんかいろいろタグができてるwww

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

その日は随分と平凡で、私──いや、世界中の人々にとってもきっと当たり障りのない一日だったと思う。
私なんか暇つぶしにラジオ聞いて勉強サボって、「勉強なんて死ねばいいのに」と呟いているほどだった。


だけど──────────突如、“平凡な一日”に幕が下ろされたんだ。





『───の途中ですが、今から××大統領からあるお知らせがあります。』

「ったく、なんなの・・・・・・」



そう文句を言いながらも、素直に耳を傾ける私ってなんなんだろう。


そうこうしているうちに大統領は喋りだした。しかし、残念ながら私には英語が分からない。
だけどよく聞いてみると大統領の声は泣いているのだろうか、震えていた。


20秒後、大統領が話を終えると翻訳係の人が代わりに日本語で話す。
───しかし、それは“衝撃的”の他に何もないぐらいの内容だった。



「えー、非常に残念なことですが、本日地球は終わります」


大統領の言葉を翻訳する人から聞こえた言葉。
私は数分の間、唖然としていた。


いつの間にか大統領も翻訳係もいなくなり、さっきまで流れていたラジオが再び流れ始めた。










【ヘッドフォンアクター】We want a blanket!【原曲者に謝れ】










私はふと窓の外を見る。
大きな鳥たちが空を覆いつくし、渋滞中となっていた。
きっと鳥たちも野生本能とかで地球が終わることを解ったんだろう、三日月を飲み込んでどこかへと向かっていた。


私はそれを見飽きたかのように、窓の外から自分の部屋にと視線を戻す。





やりかけてたゲーム。


ほぼ手付かずの参考書。


・・・・・・さっきまで過ごしていた時間はなんだったのだろう?
平凡な一日に勝手に幕を下ろされて、そのうえ地球滅亡? ───ふざけるな。


私はどこからもなく現れる怒り任せに、机の上を撒き散らす。
ゲームや参考書は無慈悲に床に落ちる。


落ち着け、こんなことしても意味がない──そう頭の中では理解しているのに、体は理解しきれていなかった。


ふと、落ちきれなかった、お気に入りのヘッドフォンが目に映る。
私は震える身体をいなすの様に、すぐにヘッドフォンをした。


ローカル操作でお気に入りの曲を探そうとした。──しかし、それも不可能だった。
i podの無機質な画面には『不明なアーティスト項目』と無機質な文字が出て、しかも『タイトル不明 №??????』と出ていた。


私が更にムカムカしたのは言う必要もないだろう。
私はヘッドフォンを投げるようにベッドに置くと、怒り任せに今度は枕を殴った。



「───っ、ふざけんなッ!!」



しかし枕は埃だけが散り、更に虚しくなってしまった。


その時、










『───いやぁ、勇ましいですねぇ。』
「なんですって!」



どこからか聞こえてきた声に、私は声を荒げる。
しかし、肝心の姿が見当たらない。私はキョロキョロとしていると、



『全く。君って本当走ること以外は“バカ”だよね。』
「ムカッ。それじゃあ、君は誰なのさ! さっさと姿を現しなさいよ!」
『ふふっ・・・・・・私はもう、君の目の前にいるよ。』
「はぁ!?」



私は視線を目の前にやる。
そこにあるのは、ベッドの上にあるヘッドフォンとi pod。それと、その先にある鏡・・・・・・。
・・・・・・まさか!



「君はまさか・・・・・・」
『やっと解ったのね。』



やれやれ、と溜息が聞こえる。
私は驚きを隠せずに相手に訊く。





「──鏡音レン君ですか!?」
『どうしてそうなる?!』
「いや、だって─────」



私はi podに目をやった。
そこには、元に戻ったのか『アーティスト:鏡音レン タイトル:マジカル☆ぬこレンレン』という文字。


───つまり、鏡音レン君というわけだ!



「なんて今日はツイてるんだろう!」
『あのー───』
「あのレン君とお話ができるなんて!」
『もしもし───』
「あぁ、私もう死んでもいい!」
『ちょっと───』
「めっちゃナイスタイミングで地球滅亡☆やったね!」
『・・・・・・』
「ねぇ、レン君。『ルカルカ☆ナイトフィーバー』みたいに、次元の壁越えて会いにきてくれない?」
『──わけねーだろ。』
「へ?」
『会いに行くわけねーだろ、こんのレン厨がァァァァァ!!!!!』



私の部屋に響く、レン君の絶叫。
あぁ、怒るレン君もカワイイよ!(≧∀≦)


『てんめぇいい加減しろ! レン君レン君うるせェんだよ!』
「え? でもレン君なんだし」
『私はレン君じゃねぇんだよ! ────────そりゃあ、レン君好きだけどさぁ。』



聞こえたぞ。
最後に「レン君好き」って言ったのが何気に聞こえたぞ。



「っていうか、レン君じゃないなら誰なのさ」
『私は───君だよ。』
「はぁ!? 君、バカなの?」
『君にだけは言われたくない!』



だってそうでしょ? 馬鹿に馬鹿言って何が悪いの?



『そのまんまの意味だよ。私は君の・・・・・・うーん、なんて言えばいいかなぁ。』
「さっさとはっきりしてよ」
『五月蝿い。・・・・・・ま、“声”でいっか。』
「『いっか。』って、随分投げやりだね」
『君だって投げやりでしょう?』
「何故わかった?!」
『だから言ったでしょう? 君は私だって。』
「なるほど、わからん」



そう言った瞬間、“声”は黙り込んでしまった。
そして約20秒後、



『そんなことより・・・・・・君にはこれから、私の命令にきいてもらう。』
「はぁ? なんでそうなるわけ」
『君を納得させるのに一年かかりそうだから、もう身体で納得してもらうの。』
「私はそんなにバカじゃない!」
『自分の“声”を聴いてレン君と勘違いした人に、他になんて言えばいいわけ!?』
「“アホ”」
『それじゃあこれから呼ばしていただくよ。アホさん。』
「いっぺん死ね」
『僕は死にましぇん。』
「もういっぺん死ね」



地●少女に頼んでみようかな。



『とりあえず、外でて。』
「はいはーい」
『「はい」は一回!』
「はい!」



私はそのまま自分の部屋を出て、玄関に向『ちょっと待てェェェ!』かう。
・・・・・・一体なんなのさ。



「何?! 私は言われたとおりに外でようとしてるんですけど?」
『私を置いてくな!』
「はぁ?! 君の姿なんて見えないじゃない!」
『君は、ヘッドフォンから“声”がしてるのに気づかないわけ?!』
「衝撃の事実!」
『アホーーー!!!』



だって、今まで気づかなかったんだもん。
まさかヘッドフォンから“声”がするなんて思わないでsh『君以外、全員気づくから!』


・・・・・・人の思考を読まないでほしい。んでもってツッコまないでほしい。



『仕方ないじゃない。私は君で、君は私なんだし。』
「ややこしいこと言わないで! 頭がおかしくなる!」
『そっか、君って私より“バカ”で、そのうえ“アホ”だもんね。』
「“バカ”いうな!」
『“アホ”は言っていいわけ。』
「うん」
『アホ!!!』



私は“声”を聴きながら、i podをポケットに入れ、ヘッドフォンをした。
そして、やっと外に出たのだった。





*  *  *





とりあえず、外に出てみた感想・・・・・・五月蝿い。
とにかく怒号や鳴き声や車に轢かれた音や泣き声やらで、五月蝿いとしか言葉が出ない。


これぞまさしく、ざわめきだす悲鳴合しょーーーーーう! ヒーハー☆彡



『なんで君はそんなに興奮してるの?』
「うん。だって『人の不幸は密の味☆』とかいうでしょ?」
『意外とSなんだね。』
「えへへー」
『褒めてないよ。』
「ありがとう」
『・・・・・・「私=君」のはずなのに、だんだん違う人に思えてきたよ・・・・・・。』
「あ、ヤバイ。興奮してきて涙が・・・・・・」
『私の話ムシ?! っていうかどんだけSなわけ?!』



私は10秒の間、涙目になって周りがかすんだ。



『とりあえず・・・・・・駆け抜けろ! もう残り1分だ!』
「1分って、なんの?」
『それが知りたかったらあの丘まで駆け抜けろ。フハハハハ・・・・・・』
「ヤベ、鼻血出そう」
『なんで!!?』



私は“声”のツッコミを無視し、鼻血が出そうなのを抑えながら走った。
それはもう“声”が聞こえないくらいに。走って。走って。走って。


・・・・・・へ?「そういえば色々とばしてない?」だって?
・・・・・・気のせいだよ、きっと☆





*  *  *





「・・・・・・」



息は絶えてないけど、空を映し出す壁の前に辿り着いた。
なんだか肌が寒い。私は思わず肩をさする。


その時、










「8888888888888888888888888」



突然の拍手。
後ろを振り向けば白衣の科学者がいて「素晴らしい」と言った。



「──疑うよ。」



私は、その言葉しか出てこなかった。
そこから見る街は、まるで実験施設のようで。


唖然とする私をおいて、科学者は「はっくしょんっ」とくしゃみをした。
そして、










「───毛布必要だ」










そう呟いた。





そしたら、なんだかぞろぞろ人が出てきて。


しかもなんだかその人たち、私を見るなり「ニカッ」って笑って。


それで「ドッキリ大成功☆彡」って書いてある看板持っちゃって。


んで、大統領とらしき人が、「毛布必要デース」とか言って。





「「「「「We need a blanket!」」」」」





・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「ふざけんなアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァ!!!!!」



私はそいつらに片手間に爆弾を投げた。


へ? その爆弾はどうしたんだ、って?
んなもん、護身用に決まってるよ。なんせ私はカワイイだもん!





──それはともかく。


私は隙を与える暇もなく、爆弾を投げつける。
その際聞こえる人の悲鳴合唱が、私のドS・・・・・・いや、S〈スーパー〉S心を刺激させる。


ハーハッハッハッハッハ!!!!!


そして20秒後、燃え尽きる人だったものをただ憐れみの目で見る耳元で。
ヘッドフォンの向こうから



『ごめんね。許してちょ☆』



という“声”がした。
私はついでにヘッドフォンだけを投げつけ、炎の中に入れたやった。
ハハ、ザマミロ。


そして何事もなかったかのように背を向け、歩いた。
i podを隠し持ってたイヤホンにさし、『マジカル☆ぬこレンレン』を聴いたのだった。

兄さんマジLOVE213%な雪りんごです

リンゴをくれれば支配下に回るよ←
文才のカケラもない小説書いてます

好きなジャンル:ミステリー(ただしホラーは×)
得意なジャンル:gdgd←
最近の悩み:頭が馬鹿すぎること←手遅れ
とりあえず:兄さんを愛でたい

(`・ω・){ヨロシクね!

もっと見る

作品へのコメント4

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    おもしろすぎですwwwwww

    2012/07/31 11:51:56 From  さぁや

  • userIcon

    メッセージのお返し

    さぁやs

    ありがとうございますwwwwww

    2012/07/31 13:11:29 雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    ご意見・感想

    注目入りおめでとう!
    やっぱりいつ見てもおもしろいwww
    ってか主人公www何してんのwww

    あとタグいじりって楽しいよね(((((殴

    2012/07/17 20:48:01 From  ゆるりー

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ゆるありがとう!

    いつ見てもおもしろいだと……!?
    うぅ、ホントありがとう……! ・*:.。. (ノ´Д`・。)・*:.。.

    主人公は爆弾を投げてまs(ry

    うん、タグいじりはホント楽しい(((((蹴

    2012/07/18 21:35:29 雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    その他

    注目入りキタ━━━\(゜∀゜)/━━━ッ!!!
    これで3回目。うぅ、嬉しい限りです……ぐすっ・*:.。. (ノ´ω`・。)・*:.。.

    2012/07/17 16:34:51 From  雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    ご意見・感想

    久しぶりに知ってる曲が小説になってたから読んでみました☆

    いやぁ~…やっぱおもしろいです!
    毛布必要ってwww
    でもドッキリで良かった♪…のかな、うん?

    2012/05/08 22:20:10 From  友愛@in不可

  • userIcon

    メッセージのお返し

    友愛@元メロディ?♪s


    お久しぶり?!
    やっぱ有名だよね、この曲。

    とりあえずヘッドフォン(ry の「もう不必要だ。」のところで「毛布必要だ。」ってコメをたくさん見るよwww

    2012/05/12 13:23:26 雪りんご*イン率低下

もっと見る

▲TOP