星降る夜に

投稿日:2019/03/19 15:44:57 | 文字数:486文字 | 閲覧数:152 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

音巻様の楽曲への歌詞応募の為の作品です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

世界の歯車が 動きを止めちゃって
みんなみんな忙しそうだな 大変そうだな

はじめから世界に 嫌われている僕は
無人の学校から 眺めているのです

喜ぶ人 泣く人 叫び喚く人
ぼくらみんな それぞれの歌を うたう

騒がしいオーケストラが
不協和音の 音色奏でる

どうせ世界は 終わるんだから
いつもみたいに 過ごせばいいのに

(間奏)
世界中の灯りが 一つ残らずに消えて
真っ暗闇 真っ黒 そんな夜に僕ら

名前すら知らない 誰かの家の屋根で
この世界の終わりを 眺めているのです

演奏会 閉幕そして今静寂
お別れかな 少し寂しいな だけど

お月様 地球に恋して 何十億年の恋が叶う日
地球にキスして そしてサヨナラ なんて美しい恋なのでしょう

(間奏)
地球最後の日 僕らの命日
世界最後の日 お祝いしよう

名前すら知らない 僕と君とで
綺麗な夜を 眺めているんだ

いずれ全て終わるんだから ソレがいつでも変わらない
世界いつか終わるんだから それが今日でもいいじゃない

星降る夜に僕がいて 隣には君がいて
それだけで幸せなんだよ
サヨナラ 大好きだよ

詩の方をかいています。
こちらで連絡がつかない場合、twitterアカウント(@planet_mikeneko)まで宜しくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP