永遠ヲ廻ル忘レモノ

投稿日:2009/04/23 21:05:50 | 文字数:805文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

題名はフォルトゥーナ氏からいただきました!

最近、通勤ラッシュを行ったりきたりするので、森に出掛けたい。森林浴したい。という結果の歌がコレだよ!!(あ
( )の中は、裏面的な意味です

古城見学、ゆっくりしていってね!!(ヤケ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何人入れぬ、ある森の中。
奥のそのまた奥、朽ち果てた城がある
そのお城に住んでいるのは、気のふれた伯爵

ただ1人

昔々のお話で遠い国のお話


壁は崩れて 錆びついた空気を
古城は着飾る

空のグラスを 飲み干してお味は
いかがと客に問う


軽い長いす 揺り揺れて
音を出さずに 埃を降らす
机に朽ちた ガラス片
ボトルを勧め 伯爵は


味はどうだ?
                  (空のソファ)
一番良いワインだよ。
                   (滝の様に流れ出す)
貴方に飲んでもらいたくてね
                  (今は見つめる者もいやしない)


窓は筒抜け 北風の子ども等
舞うように身を切る

誰も押さない 呼び鈴を見つめて
お前も1人なのか


錆びた呼び鈴 哀しげに
枯れた音色を 歌い響かせた
扉に積もる 砂埃
もう、何年も… 伯爵は

サビ
見てみてくれ
                   (この有様)
綺麗な庭園だろう
                   (昔は綺麗だったさ)
庭師に礼をはずまなければ
                   (今は烏しか訪れない)


何もいない誰もいない
ただ彼1人

メイド 使いも、もういない
ただ彼1人

壊れきった秩序には
彼ただ独り

サビ
誰か居ないか
                    (なんて様だ)
皆永久に消えたのか
                    (自分の声、木霊する)
…おや?帰って来てくれたのかい?
                    (…空に手を伸ばし崩れ落ちた)



何人入れぬ、ある森の中

奥の奥朽ち果てた城がある
深い緑の下忘れられた城がある
その城を忘れられないのは、盲目の伯爵

ただ独り

昔々の物語消えた国のお話

 ・・・ピアプロ変わりすぎw

チョコチョコこまめに、更新しようと思います。…うん。
投稿は、作詞と絵です。
ペンタブ買ったけど・・・まだまだ見習い中!諦めんなよぉ!熱くなれよぉ!って感じにがんばってます。

曲や絵をつけてくださる方、ガンガン待ってます。
↓コラボを運営中です!よかったら飛び込んできてくださいw

http://piapro.jp/collabo/?id=11212

・全力で受け止めます(あ
・今、「The Cheshire Cat」を作ってますー


作詞しかできませんが、よろしくお願いします。
…いるか分かりませんが、個人的に、絵や曲に歌詞を付けてほしい!
とか言う依頼も引き受けますー。気軽にどうぞ!
※フラフラ巡っていて、いきなりコメント残していく事がしばしあるのでご注意くださ
い。
※土日にしか返信できないかもしれません。


※アイコンは絵師様たちのコラボ【アイコンショップ】にてごりさんに作ってもらいました。ありがとうございます。↓素敵なアイコンが貴方を待ってます。
http://piapro.jp/collabo/?view=content&id=11219

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    良い感じの歌詞ですね~。
    私、こういうの好きです!(^∀^)ノシ

    ちょっと考えたんですが、タイトルは
    『永遠ヲ廻ル忘レモノ』とかが良いなって思いました。
      ↑
    読み方は(とわ)で。

    サンホラのLostっぽいので、自分で提案しといて
    あんまりオススメは出来ないんですが……(汗)。 orz

    2009/04/24 12:47:53 From  氷雨=*Fortuna†

▲TOP