スターゲイザー 歌詞

投稿日:2018/08/10 17:04:37 | 文字数:630文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「スターゲイザー」
作詞 トロマヨ

愛想笑いだけが得意になったのは
今まで一人が不安だったから

いつも周りに流されて
願いがわからなかった
流れ星を見過ごす
一瞬の希望を見逃したくないんだ
上を見続けていたいよ

流れ星の行き先に君は進むんだね
息苦しくて 辛くてもさ
空を見つめる 迷っても構わない
此処に生きてる それだけでいい
星降る夜 流れ星
旅に出た 君はスターゲイザー

見慣れない流星を見つけたんだよ
同じ不安孤独を抱えた迷子だった
愛想笑いだけをしなくなったのは
あの時一人が普通になったから

流れ星の行き先で今君は出会った
息切れして 素顔のままで
瞳見つめる 嫌われても構わない
此処で出会ったそれだけいい
真っ直ぐ喋るだけ
踏み出した 君はスターゲイザー

別々の流星を追ってきた二人
星は流星群になって夜空に降り注いだ
共に眺めよう
それぞれの流星が燃え尽きるまで

いつしか流星は見えなくなっていた
別れの時は今ついに訪れた
君と笑うことができなくなったのは
ふと愛想笑いに気づいてしまったから

愛想笑いだけはしたくなかったんだ

星空の下で今笑おう
出会えたここはそれぞれの交点だった
流れ星の行き先に君は進むんだね
分かり合えないのが辛くてもさ
僕らいつか旅先でまた出会えたなら
息切れした素顔のままで

空を見上げる 一人でも構わない
共に出会えた それだけでいい
さよならを告げた後に
走り出した 僕らはスターゲイザー

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

  • スターゲイザー(カラオケ)

    by トロマヨさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP