school girl pandemic (歌詞)

投稿日:2016/08/16 14:54:39 | 文字数:317文字 | 閲覧数:44 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

school girl pandemicという曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

school girl pandemic

最後の言葉 おわりの言葉
孤独が支配する21g

殊に赦された他人などいない
故に殺された人もいない

凍り付いた夜空 思考する
暗闇に憧れを 鼓動は塞いでいる

世界を孕んだ 記憶の逆流
妄想こそすべて 吐血する自意識

誰もいないパレード 愚鈍な哲学
正常な忘却 飛行する身体

凍り付いた夜空 思案する
暗闇が襲い来る 鼓動をこじ開けて

世界は揺らいでいる
50mの中で呼吸する生命を消し去って
時間を掴んでいる
放課後の照明みたいな色の記憶 割れそうだ

思考は加速している
意味も価値もない言葉の羅列に妄想が火を点ける
記憶は消えていく
それだけのために通り過ぎる秒 壊れそうだ

フットボールをこよなく愛するギタリスト。ボカロPでもある。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • school girl pandemic (off vocal.)

    by nokkenさん

  • 【初音ミク】 school girl pandemic 【オリジナル曲】

    by nokkenさん

▲TOP