タイトル未定 P-2

投稿日:2011/02/06 07:28:54 | 文字数:947文字 | 閲覧数:10 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「ルカのイラストで曲を作ろう!(偽助平さんの企画)」に歌詞を付けさせていただいたものです。
見つめられる事の恥ずかしさ、熱さ、熱量をイメージしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

*1-A
あの日の 視線からずっと 感じ続ける
私に 浴びせてる きみの熱い眼差し

戸惑う 私に気付かず 見続けているの
そのまま きみは居る何も 語らないまま(で)

*1-B
いつになればいいの?
きみの答え求めず 無口に 耐え続ける

*1-S
見つめてる そのひとみ焦がれそう
閉じている 心とかす

燃やしてく この身体 焼けていくの
熱が散る 溶けてしまうの

*2-A
いつから 気付いていたのか 動揺する顔
私に 気付かないフリと 隠す本能

そのまま 見てるだけきみは 意気地がないの
気持ちを 殺すほど私 乙女じゃないわ

*2-B
これが最後の決断……
きみの答え聞かない いらない それでもいい

*2-S
答えなく そのひとみ語り合う
触れ合った 心通す

焼き付ける この下に 焦がる熱量
理解不能 溶けてしまいそう

*3-S
見つめてる そのひとみ焦がしてく
閉じている 心とかす

燃やしてく この身体 焼けていくの
熱が舞う あなた夢中で



==かな==
*1-A
あのひの しせんからずっと かんじつづける
わたしに あびせてるきみの あついまなざし

とまどう わたしにきづかず みつけているの
そのまま きみはいるなにも かたらないまま(で)

*1-B
いつになればいいの
きみのこたえもとめず むくちに たえつづける
いつになればいいの?

*1-S
みつめてる そのひとみこがれそう
とじている こころとかす

もやしてく このからだ やけていくの
ねつがちる とけてしまうの

*2-A
いつから きづいていたのか どうようするかお
わたしに きづかないふりと かくすほんのう

そのまま みてるだけきみは いくじがないの
きもちを ころすほどわたし おとめじゃないわ

*2-B
これがさいごのけつだん
きみのこたえきかない いらない それでもいい

*2-S
こたえなく そのひとみかたりあう
ふれあった こころとおす

やきつけるこのしたに こがるねつりょう
りかいふのう とけてしまいそう

*3-S
みつめてる そのひとみこがしてく
とじている こころとかす

もやしてく このからだ やけていくの
ねつがまう あなたむちゅうで

創作には感情をぶつけていきます。
ロック好き。物書き(小説)をしています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP