アドレサンス<自己解釈> *5(リン視点)

投稿日:2010/01/24 22:00:53 | 文字数:907文字 | 閲覧数:6,243 | カテゴリ:小説

ライセンス:

自分なりにアウトにしてみました。ハァハァしてます(∑
皆様が楽しんでいただければ嬉しいです。
とりあえず、これとレン視点で一応完結です。
*タグ追加に吃驚しました。そしてニヤニヤしてま(ry
うん、変態です、すみません。
「2828小説」……だと!?
自分もそれみて2828していました(
タグ追加、いつも楽しみにしております/おま

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「レン……?」
心臓の音が大きすぎて、自分の声さえ遠くから聞こえる。
レンの顔が間近に有るのが、もっと心拍数を上げた。
私は、レンに押し倒されている。
それは紛れもない事実……私の心拍数を上げるのに十分な理由。
「……リン」
数秒経って、リンがゆっくりと唇を動かした。
自分と同じ、青い瞳で見詰め合う。とっくの昔に、ドアの鍵は閉められているようだ。
答えを探す。その瞳に迷いは無い。
「……」
声を押し殺して、私とレンはキスを交わした。
さっきと一緒の、甘いキス。
「…ん」
唇に触れる柔らかい感触が、私を舞い上がらせる。
レンは唇を離した。
「っは……」
ココアを飲んだからだろうか。口の中に甘い味がする。
「……レン」
私は、レンの首に両手を掛けた。
「……すき……」
私とレンにしか聞こえないくらいの小さな声で、呟く。
「…だいすき」
私は、レンに向かって柔らかく微笑んだ。
「…うん」
レンが私の両手を頭の上で纏める。
レンの手は私の首の後ろの、服を支えているリボンを外し、私の太股に触れていた。

* * * *

…何も。その先は余り覚えていない。
覚えているのは、私とレンの甘い息が交わりあうのと、レンの大きな手が私の体を包み込んでいく感覚だった。

* * * *

「…はぁ…ん」
その夜は深くて。
私とレンは、もう一度軽くキスを交わした。…キスしたの、何度目だろう。
深いキス。また口内に舌が侵入してくる。
「ぁん……」
「……」
レンは、私にシーツをかぶせた。ベットのシーツは湿っている。…ある所だけ。
「おやすみ」
今度こそ本当の「おやすみ」。
レンは私の頭を軽く撫でる。私は瞼を閉じて、「寝たふり」をした。……寝たふりをすれば、レンと一緒に居る時間が増えるかもしれないから。
「…だいすき…か」
レンの呟きが聞こえる。
レンはそれでも尚、私の頭を撫で続けていた。
「……っ」
レンはそういうと、また唇に軽くキスをした。

「じゃあね…」

***

そっと、私はシーツを巻いて起き上がる。
「…レン。ダイスキ」
私達はなぜ、双子で姉弟なのでしょうね。
私は心の中でそう呟いて、唇に触れた。

まだまだ未熟な文才だけれど、頑張って小説書いてます。

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ニヤニヤが止まりませんでした。GJ!

    2015/04/04 01:46:16 From  ただの小林

もっと見る

▲TOP