カンジョウセン

投稿日:2017/11/19 21:36:37 | 文字数:618文字 | 閲覧数:120 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

日常という路線に終点はない。
時代という線路はどこまでも続いていく。

くもりらさんの楽曲(http://piapro.jp/t/CaDl)に投稿しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつものように駅に着いたら
君は電車を待っている
見たいものしか興味ないから
スマホの中へ逃げ込んだ

宝探しなんかしなくても
幸せはいつでも買える
携帯ゲームは暇つぶしで
“遊び”と言えるものじゃない

金のために働くだけならば
生きることの意味など無に帰する
機械人形(オートマタ)は希望に追いすがり
素敵な夢を見ているか

毎日はまるでLoop line
見慣れた光景 いつもの道
平坦なままのHeart line
ひび割れた心 影が伸びる

闇に浮かぶ街の灯が不気味に輝いている
終着駅のない運命(さだめ)という名のダイヤ 嗚呼

午前0時 定刻通りに
今日が“昨日”に変わってく
僕の生活(くらし)が前より少し
マシになればそれでいいや

乾燥した日々を繰り返し
嫌なニュースも増えていく
ゆとり失くし狭くなった世に
楽しいことがあるだろうか
嗚呼 嗚呼……

置き手紙に苦しさ滲ませて
親友(とも)は永い眠りを手に入れた
悲しいのに涙が出てこない
冷たい大人(ヤツ)になってたよ

ズタズタにされたLifeline
金は命より重たいから
限界に近いDeadline
風にさらわれた救いのサイン

毎日はまるでLoop line
いつまで循環(まわ)るの 憂いの現代(いま)
平坦なままのHeart line
錆びついていったカンジョウセン

発車告げるベルが鳴り反射的に駆け込んだ
電車は気だるげにぐるぐると進んでいく 嗚呼

絶賛作詞しかやってない活動中の蓬莱です。
「歌詞募集」での作詞がメインです。

自由気ままに、好きなようにいろいろ書いています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP