les miroir

投稿日:2016/01/19 03:58:01 | 文字数:511文字 | 閲覧数:459 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

《レ・ミロワール》…フランス語で『鏡』といいます。
歌詞の一部に能の演目『恋重荷[コイノオモニ]』より一節を拝借しています。

初音ミク&ミクオのデュオでお送りするこの作品は、
今回もいつぞの如く怪しげな似非ジャズ歌謡風味に仕上がりました。
へちこさんとの2人盤CD-R『image of us』に収録されています。
サークル名は『硝子のメリーゴーランド』です。

 \ガラメリ/ って覚えてね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

その手に触れる術はなく 君の居た刹那をそっと愛する
唯一ある座にもう一方は物謂わず クチナシ:ふたりの秘密と規則[ルール]
繋ぐ赤い糸は屹度[きっと] ひとつの存在に縛る制約
唯一ある座にもう一方は声を喪[うしな]い 沈みゆく深い静寂[しじま]の其処

私が眠る中貴方は誰を 何を夢に見て唄うの
貴方が紡ぐ時間の揺篭 私は花を凍らせ佇む
私が消えたら貴方は何を その目に浮かべて唄うの
貴方が描く理想の牢の中 私は聖歌[キサナド]を仰ぐばかり

宵の闇の中 絵の様に游ぐ 自由で窮屈 孤独の詩篇
ふたり唄えど 散りぬる泪[なみだ] 小さな世界が軋む

※互いを映す水鏡 向こう側の影絵に輪舞[ロンド]を誘う
 それは悲劇か喜劇かぐらぐらと 揺らめくけれど今は私を見て
 重ねる身体[からだ]も持たずに ただ魅せられている音盤[レコード]の針
 手のない手で手探りさ右左 迷い路に吁、愛し君を捜す

螺子の外れた 何本も抜けた ひとつ憶えの哀歌[エレジー]
恋しさは憧れ惑い 身に余る重荷となりぬ

朝に眩む陽を幾つ数えて 螺旋の階段幾つ下れば
問うているのは何方の私 軋む世界が続く 続く



廻る意識に私、貴方を識る

ごくまれに唄を作ります。
目玉は「和ルツ」と「架空の懐メロ」です。

もっと見る
  • les miroir

    by 【ミミコP】笹の船みゝ子さん

もっと見る

▲TOP