デッドロイド

投稿日:2018/07/24 19:07:51 | 文字数:427文字 | 閲覧数:286 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

YouTub→https://www.youtube.com/watch?v=MDf9BADUbPs
niconico→http://www.nicovideo.jp/watch/sm33568635
SoundCloud(DL)→https://soundcloud.com/teikuru/deadroid

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「そっと触れていて」
馬鹿みたいで何もかも
捨ててしまって逃げ出したいと
溢すだけの日々を
まあ どちらにしたって
事の顛末を知って
そろそろ気づいたろ
何もかも無駄だって 

「取るに足らぬ」
「言葉だらけ」
「すれ違わず」
「いるだけなら」
「独りだけが」
「ただ可笑しく」
「廃れたから」
「この有様」
「だって、散々だろう」

もう沢山だ訳も無いような
衝動に嘆いている
あの日からそう
変わらぬまま
宣う声も
知らないままでいて
生を呪う僕ら化け物に
ただ有難がってる
踊れ 踊れ 君もどうせ
嘘を吐いている

悲鳴みたいな歌と謳っている
形のない声は崩れてしまうと解った
どうして誰も気がつかないんだろう
綺麗な星なんて所詮迷妄だろう!

さあ、アインツヴァイ!もう大人になっていた
君の声を伝って
紛い物の
虚ろな目に
頼るうちは
救いさえないのだろう
もう鏡はどれだけ祈ったって
あなたを映さない
車輪と首を突き合わせた
エゴに違いないな

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP