夜に置き、朝にねむる

投稿日:2017/07/17 21:40:40 | 文字数:276文字 | 閲覧数:187 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

タイトル名は、いつぞや紅桔梗雪さまにつけていただきました。
あの時どうもありがとうございます!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

慣れぬ夜に
紛れて救いを
求める心

パパママには
おやすみはもう
言えないんだ

朝がくれば
眠りについて
ただ時を待つ


響く銃声
子守歌には
程遠い

夜が来れば
繰り返される
世の理

くだらない遊戯
壊れそうな心
つなぎとめる


朝がまた来て
初めて知った
君の温もり

ずっと触れていたい
感じていたい
忘れたくない

君いない事実
消えない言霊()
神はいない
聖書の中だけ

woo

また夜が来て
繰り返す日々
別れを告げ

旅立ちのとき
君のいない世界
意味などない

すべて
忘れ去ることなど
できはしない
ただ前を向くだけ

ご訪問どうも!
曲は「切な系/おだやか」がメインです。

ただいま【 ドミノ 】制作中。
→ https://dmn-oio.wixsite.com/dmn-hbk-asot
小説にピアノ音楽がつきました。
いずれイラスト入れたり、音声つきCMアニメーション等を制作をしたいです。
ご訪問どうかよろしくお願いします!

アイコンは、777さん^^
ステキなイラストどうもです!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP