THE BLUE

投稿日:2019/03/25 17:05:28 | 文字数:372文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

なんて
目に優しい 悲しい世界で
何故に疚しい 忌まわしき差異 感化
常に私から見えない色に
憧れ持ったアイロニー

色眼鏡 認められた理由
失明恐れ 自衛の手段として
強制を矯正 共生の道を
上手く進めない劣等生

止まる信号 先を知らないまま
拒む心象 「何もいらない」なんて
夕景に拐われた蛹は今でも

お伽噺から逃げないで
やけに正しい 空しくて痛む
夢にしがみつき癒えないのに
過去と踊った幻想に

THE BLUE
目を逸らした空には 騒乱の呪蒼

祭囃子から見つけ出して

子供騙し しがらみ 脱け出して
暮れぬ夕に終止符を打つ
私の目一杯に消せない色に
塗り潰してみせてくれ
眼差し 今に 染められ
僅か淋しい 未だに知らない感覚
目に眩しい眩しい眩しい眩しい眩しい眩しい眩しい眩しい色
焦がれ 網膜 最期に

THE BLUE

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP