咲くはずのない花

投稿日:2016/10/30 18:06:46 | 文字数:400文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

応募用です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

咲くはずのない花
秋風に揺れてた
まるで祝福をしてるみたいに

一人でいた道が
右手を繋ぐことで
こんなに違ってみえるんだね

何もできない苦しいときを過ごして
思い出すたび泣いたりもしたけど

夢みたい 君と歩いてる
まっすぐ帰るの 今日はやめよかな
温もりをはんぶんこしたら
太陽にいうよ 影を伸ばさないでね

青空を掠(かす)めて
鳥たちが飛んでく
君が指先で追いかけていく

生き物は自分の
特別へ向かってる
私のそれは君のとなり

張り裂けそうな気持ちに逆らいながら
笑顔をみせたあの季節を越えて

話すのは 他愛ないことで
フツーに普通のおしゃべりなのにね
幸せが膨らんでいくよ
赤く染めるのは夕日だけじゃなかった

吐息にそっとリボンをかけて
はじめての影が手を 離す

叶うなら いつまでもいたい
恋の終わりまで一緒にいたいよ
目覚めても想う夢だから
わがままいえずに夜へと歩いていく

作詞だけやってます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP