運命だったと思いたい

投稿日:2018/05/22 09:57:01 | 文字数:370文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ないとうさんの曲への歌詞応募です。
http://piapro.jp/t/j5VJ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あれはねえ確かねいつの事だったんだろう 桜の花咲く頃かな春だったわ 
私一人で出かけたの適当に街へぶらりと そういつもの一日を過ごすはずだったけど
運命のね悪戯かな そこに現れたの憧れのあなた
偶然に出会ったんだけれどもね 運命だったと思いたいのよ私は

あなたを見てると 苦しいの胸が 熱くなってくる体が

あれはねえ確かねいつの事だったんだろう 紅葉がね見頃の頃秋だったわ
私一人で歩いてた幹線の道路沿いをね 道の先の友達の家に行くとこだった
運命のね悪戯かな 向こうから歩いてきたのはあなた
偶然に出会ったんだけれどもね 運命だったと信じたいのよ私は

あなたの姿近付いてね そのまますれ違い 話をしたいのに 声をねかけれない

運命のね悪戯かな そこに現れたの憧れのあなた
偶然に出会ったんだけれどもね 運命だったと思いたいのよ私は

主に作詞活動をしています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP