バッドアンダーガール

投稿日:2017/08/31 19:16:10 | 文字数:558文字 | 閲覧数:340 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

YouTube→https://youtu.be/9wgzqjQJy7I
niconico→http://www.nicovideo.jp/watch/sm31694000
SoundCloud→https://soundcloud.com/teikuru/bad-under-girl

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏枯れ、なぜまた?心がただ、もっと。
窓の外から覗く目、血走って。
器の底から見える手、開いて。
また繰り返しの、朝に身を染めて。

穿つ。言葉の意味を見失って あの日。自身も議了も失って
それでまだ歌い続けると知って 僕ら、何もすることなどないって
それが誰のためにもならないって そして誰もが彼になれないって
叫ぶふりをしてまた閉じ篭って ひとつ、ふたつ。これ以上はないって

それは。

さよなら。ほらまた。消えてくような。
光のなか微睡み、消える心地がして。
最低、最低、最低、最低、最低、最低、最低な!
意味を渦巻く、取り巻く。見えなくなる空へ

夏枯れ、なぜまた?心がただ、もっと。
窓の外から覗く目、血走って。
器の底から見える手、開いて。
また繰り返しの、朝に身を染めて。

穿つ。言葉の意味を見失って あの日。自身も議了も失って
それでまだ歌い続けると知って 僕ら、何もすることなどないって
それが誰のためにもならないって そして誰もが彼になれないって
叫ぶふりをしてまた閉じ篭って ひとつ、ふたつ。これ以上はないって

泣いている。

「らららららららららららららら」
「らららららららららららららららら」

最低、最低、最低、最低、最低、最低、最低な!
意味を渦巻く、取り巻く。見えなくなる空へ

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP