設定

投稿日:2017/12/17 18:01:32 | 文字数:690文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:その他 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

浜坂結里(はまさか・ゆいり) ♀

祖母が残してくれた一軒屋に住むフリーター、朔とは幼馴染。
三度の飯よりチョコが好き。ちょっと口が悪い。

柏原朔(かいばら・さく) ♂

みんなのまとめ役(ツッコミ)しっかり者
結里とは幼馴染で恋愛感情有

夢前めぐる(ゆめさき・めぐる) ♂
朔の友達&クラスメイト、陽気な性格
朔の恋を見守りたい気持ちもあるがからかって遊んでる

夙川朝日(しゅくがわ・あさひ) ♂
朔の友達&クラスメイト、物静かな性格
朔の恋を見守りつつ楽しんでいる


プロローグ

おばあちゃんは私に甘かった・・・超甘かった。
まぁ、私しか孫いないし・・・仕方なかったのかな?
そんなおばあちゃんが亡くなったのは2年前で私が18歳の時。
遺産だのなんだのの中に結構おっきめな一軒家があり、遺言書によるとそれは私に譲るとのこと。
「おばあちゃんたら太っ腹」って思いつつ、なんやかんやで一人暮らしがスタート。
一人暮らしをして半年くらい経ったある日幼馴染の柏原朔が友達をつれて訪ねてきた。
「どうしたの?」ときいてみたら。
「学校の近所のファミレスが満杯だったから遊びに来た」と返事がかえってきた。
別にリビング広いし部屋もたくさんあるから彼らに場所を提供してあげたのだ。
初めは自己紹介したり、おはなししたり、宿題一緒にやったりしてたけど。
いつの間にか各々が家に遊びにきたり、泊まったり・・・シェアハウスみたいになってた。
・・・・うん、彼らとの馴れ初めはアバウトに説明するとこんな感じかな。説明下手で申し訳ない。
そんなこんなで私高校生男子と一軒屋を共有しています。

できることに向きあう
イラストはまろトリさん作(@ume5128)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP