徒然しっぽ

投稿日:2019/06/13 03:10:15 | 文字数:255文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

きみが歩いたあと
ハーブが落ちている
たるみきった風
ひとしきりの傷

たまたま聴いたカーテン
不安がひらひら
もしくはきのうたべたパフェ
きみにうつったの?

町はいずこへ
酔いはかなたへ
狂いに狂ったこの夢
はやく葬って

夏はとこしえ
髪はきれぎれ
灯りに灯ったぎんぎらまなこ
もうはやく寝ちまえ

出したままの水
あと一枚の紙
隙間で寝ているハウスダスト
だらしのないきみ

フィルム越しのきみ
泥にまみれたきみ
さみしくなって毛糸になるきみ
ふてくされたきみ

徒然しっぽは
徒然なるまま
どこへやら

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際は、事前にお知らせください。(すでに曲がついている場合があります。)
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP