気づいた頃には・・・ (もじゅみね)

投稿日:2013/10/22 15:49:09 | 文字数:3,892文字 | 閲覧数:391 | カテゴリ:小説

ライセンス:

今回は、ギャグとは違う方向を書きたくなって書きました!

これが世に言うレンレンですかね?
嫌な方はご注意ください!・・・今更ですが

連載していくので、きりがよくなったら次にいくようにしたいと思います!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「やーみくん♪」

パンキッシュは、いつものようにあるモジュールに話しかけた。
しかし、彼は冷たい視線をパンキッシュに向ける。

(キミ、何がしたいの?)

鬱陶しくまとわりついてくるパンキッシュをよそに、彼ーーー及びストレンジダークはスピードを落とさずに歩く。彼は恐ろしく、だが可愛らしい表情をしていた。

(いつからこんなことになったんだっけ・・・・。えっと・・・)

ストレンジダークは、記憶を辿っていた。
そんなこともお構いナシでパンキッシュはストレンジダークに話しかける。

「ねえねえ、闇くん。聞いてる??」

聞いてない、と言うか・・・。

「聞くつもりもない。ボクには青と黒がいてくれればいいんだ」

(・・・・・?あ、そうだ。あの時からだ・・・・!)

ストレンジダークは、自分の発言から、今に至るまでに、いつパンキッシュがしつこくなったのか、を思い出した。


あれは、三ヶ月前ーーーー・・・

ストレンジダークが、いつものようにブルームーン宅に遊びに行った時の事だった。

ブルームーンの家に着いたストレンジダークは、人差し指でインターホンを押した。

《ピーンポーン》

するとすぐさまにブルームーンとブラックスターが出迎えてくれた。

「おう!ダークじゃん!」

ブルームーンがニカッ、と笑い、ストレンジダークの頭を撫でた。

「まあ、上がって?今お茶用意するわ」

ブラックスターはいつものポーカーフェイスを少しだけ崩していた。

「ありがとう!お邪魔します」

そして、ストレンジダークは彼らの家に上がった。


ブルームーンにとっても、ブラックスターにとっても、ストレンジダークは、大切な仲間だった。

ストレンジダークは特定のモジュールの前ではかなり素がでるようで、その性格の変わりようは、凄まじかった。

それは、もちろんブルームーンとブラックスターの前だけであり、ストレンジダークが、彼らをどれほど信用しているか、が分かる。

実は彼らも、性格上、中々仲のいいモジュールがいなく、ストレンジダークが唯一、と言える存在だった。




「あ、青!黒!CDありがとう!」

「おー!」

「聞いてもらえたかしら?」

「うん!青も黒もカッコ良かったよ~!!」

「ありがとな!」

「ギターをしてた甲斐があったわ」



いつものように話していた、その時。
急にインターホンがなった。
それが、今へのキーだ。

「ちょっと待っててな」

と言い、ブルームーンは席を立った。




しばらくして、ブルームーンはその客を連れて来た。

そこにいたのがーーーー・・・


パンキッシュだった。


「こんにちは。黒ちゃんと闇くん」


「・・・・こんにちは」

「・・・・どうも」

ブラックスターもストレンジダークも、彼を好いてはいなかった。むしろ、苦手だろう。
故に、『嫌です』『来ないで』『話しかけないで』オーラを出しまくっている。

しかしパンキッシュはめげることもなく、笑顔で話をする。

「もー、2人とも怖いな~!でも、突然ごめんな。悪いことしちゃっただろ?青」

「いや、大丈夫だよ」

ブルームーンは別に彼が嫌いではなかった。
だが、好きか、と聞かれたら、NO、と答えるだろう。

パンキッシュの破廉恥な服が気に食わないらしい。

服を変えれば、きっとブラックスターやストレンジダークもあからさまに嫌な態度はとらないだろうが、彼らはデフォルトの洋服を変えるためのモジュール達だ。

いつものレンを変える為の彼らが、その自分自身の服を変える、なんてことは出来ない。

だから、これでずっと演っていかなければいけない。

「まあ、お茶でもどうぞ」

ブラックスターはパンキッシュにお茶を出した。
客である以上、これくらいはしなくては。

「あ、ありがとう。黒ちゃん」

パンキッシュはお茶を啜る。

「・・・・なあ、パンキ。どうして此処に?」

ブルームーンは気になっていたことを聞いた。
ストレンジダークは、俯き加減でブルームーンを見ている。

「いや、渡したい物があってね。これを、黒ちゃんと青に。ついでに闇くんにも渡そうと思ってたんだ。はい」

パンキッシュは鞄から黒い箱と、青い箱と、エメラルドグリーンに近い黄色い箱を取り出して、3人に手渡した。

「?これは?」

ブラックスターは、正方形の包みを見る。

「開けてからのお楽しみ♪」

パンキッシュは、さあさ、開けてみて、と3人に言う。

ガサッ・・・・

「!!?」

「!!」

「・・・・??」

開けた途端に、3人からそれぞれ違う表情になる。

ブラックスターは驚き、ブルームーンは喜び、ストレンジダークは何で?と顔を顰める。

「・・・・もらってくれる?」

パンキッシュは、恐る恐る聞いた。

「もちろん、ありがたく頂くわ」

「まさか、コレくれるなんて・・・・」

「ありがとな!パンキ!!」

それぞれの箱には、今、彼らが欲しい、と思っていたものが入っていたという。


黒い箱には、ストレンジダークとブルームーンのストラップ。
青い箱には、ブラックスターとストレンジダークのストラップ。
黄色い箱には、ブルームーンとブラックスターのストラップ。

それぞれ、大事な仲間の印が欲しかったんだそうだ。







帰り道。偶然時間の重なったパンキッシュと、ストレンジダークは帰っていた時。

ストラップのおかげで、ストレンジダークは、ちょっぴりパンキッシュを見なおしていた。

だが、それもつかの間。
突然パンキッシュがストレンジダークの手を取り、歩き始めた。

ストレンジダークの理解思考回路が一瞬、いや、もっとだろうか。
止まった。

顔が強張るストレンジダークを他所に、パンキッシュはずんずん進んで行く。



・・・・しばらく歩いた所の公園。
彼らはベンチに腰掛けていた。

ストレンジダークの表情は、驚く程に歪んでいる。

パンキッシュは、アワアワ、と必死にストレンジダークに謝っていた。

「ごめん・・・!つい・・・闇くんが可愛くて・・・!」

「エ??イマナンテ?オッシャリマシタ?」

「ひいいい!ごめんっ!気を付けるから!今回だけは許してください~!!」

必死になっているパンキッシュは、誰が見ても笑えるだろう。

・・・・しかし、ストレンジダークの機嫌は、一行によくなりそうにない。

「・・・・今回だけ。今回だけ許してあげる」

「え!?」

ボソッ、と呟いてそっぽを向いたストレンジダークの頬は、薄っすらと赤みがかかっていた。
多分、恥ずかしかったのだろう。

が、鈍感なパンキッシュは全く気づかない。

「ありがとう~!!また遊び行くから!じゃーねー!」

「来ないで」

「そんな~!ツンデレンジくんもかーわいいな!」

いい方向に捉えてしまうパンキッシュは、嬉しそうに手を大きく振りながら、自分の家に帰って行った。

「はぁ・・・」

厄介な奴に絡まれた、とストレンジダークは悟ったが、次はいつブルームーンとブラックスターの所に遊びに行こうかな、などと考えているうちに、とっくにパンキッシュとの出来事を忘れてしまった。





それ以来だ。彼・・・パンキッシュがストレンジダークにつきまとうようになったのは。

「やーみくん??おーい?遊ぼう?」

はっ!と現実に引き戻され、ストレンジダークは冷たく言い放つ。

「なんでボクがキミと遊ばないといけないの?理由なんてないでしょ?」

ストレンジダークは、内心そろそろ終わるだろう、と考えていたが、やはりパンキッシュはそう簡単にはめげない。

「いいじゃん!だって、俺ら同じだし!」

「・・・・・え?」

ストレンジダークはつい、聞き返す。

「“同じ”・・・って、どういうこと?確かにボクらは同じ“レン”だけど、ボクはストレンジダーク。キミはパンキッシュ。同じじゃない」

その通りだった。
彼らは、違うモジュール。そう考えるのが妥当だ。

しかし、パンキッシュはまた言った。
優しい、諭すような目で。

「俺らは同じだ・・・・」

と。

「いや・・・言い方が違ったな・・・・。俺らの“立場”が同じなんだ。・・・・思い当たる節はない?」

立場・・・・・。
ストレンジダークの動きが止まる。

(節なんて、節なんて・・・・。)

彼の額には、大粒の汗。

「・・・・大ありだよ。なんで、キミはわざわざボクの傷を抉るの?」

腹立たしくなったストレンジダークは、キッ、とパンキッシュを睨みつける。

「ごめんごめん。でもね、いい加減気になると思って。俺がずっと闇くんといたい、って言う理由」

確かに、ストレンジダークはそれ以上に知りたいことは今はない。
・・・・まあ、先程の話で、大方予想はつくが。

「・・・・・・」

ストレンジダークは黙り込んだ。
色々と回想しているのだろう。辛い思いを、沢山、沢山。

「・・・・まあ、今はいいか。俺もしばらく闇くんと遊んでたいんだ。・・・・いい?」

パンキッシュは、ストレンジダークを焦らせないように、気を使ったのかもしれない。

ストレンジダークが、やっと振り絞り、出した言葉。
それは、今までのパンキッシュを肯定した。

「・・・・いいよ」

ストレンジダークのバッグには、ブルームーンとブラックスターのストラップが輝いていた。

ハルカです!!
実は占ツクにもいたりしますw

ここらでざっと、自己紹介!


【好きなキャラ】
鏡音リンちゃん・レンくん
蒼姫ラピスちゃん
【好きなアーティスト】
ひなた春花さん
【その他好きなもの、方】
もじゅみねの方々
NEGIさん
グライダーさん
7:24さん
【趣味】
楽曲づくり


です!!

でも、投稿はしてないです。いや、する気ないだけかも・・・。

(でも、P名は、決めました!
投稿してないくせに決めました!!身勝手にw

えっと、「P」です。読み方は「リン」です!!
PPって分かりにくいですが、リンPと読む感じ。元素記号のPです。
私は元素記号が好きなのです。

しかも身勝手すぎるので、何もかもしっくりくるように書いてますw
なので、IDも、本当なら『C6H4CI2』のハズでしたが、出席番号とかけて12にしましたw
おーい、科学どこいった?)

書くものほとんどがもじゅみねなので、ただの自己満足です。



ギャグ路線目指すのが多いかもです。



でもシリアスとか、ミステリアスなのも書きたい!



ので、お気になさらずにお読みください。
・・・・得しませんがw

ペンタブ使ってます。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP