月姫

投稿日:2010/12/02 22:27:47 | 文字数:261文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

佐久羅ゆきさんの素敵曲(http://piapro.jp/content/srb5et0fdvpfpm9s)を聴いて歌詞を書いてみました。

タイトルの通り、かぐや姫を前面に押し出している感じの歌詞になってます。
故郷に帰りたいという帰巣本能と、自分を育ててくれたおじいさんや恋い慕う帝と離れたくないという想いの間で揺れてる心情を歌詞にしてみました。

最後の方の『詠む』というのは、本来は『読む』という漢字が正しいのでしょうが、今回は帝と和歌のやり取りをしていたとい話から贈った文の返事の和歌を詠んでくれたのか?と、文を読んでくれたのか?という二つをかけて漢字はあえて『詠む』の方にしています。
最後の『山頂煙が昇る』は不老不死を薬を燃やしたという話から来ています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


水面(みなも)に映る夜空は 星が瞬いて
雲間に隠れて消えた 半分欠けた月

揺らぐ光 闇に融け 瞳濡らした涙

見知らぬ故郷に馳せる つのる想いは空っぽで
心に覚える痛み それは愛おしさで
私の居場所は何処?


水芙蓉(みずふよう)小さく揺れて 蛍火(けいか)が飛び立つ
雲間から姿見せた 丸く満ちた月

闇を照らす 淡い光 瞳映した都

穢れた地と言われても 私には唯一の場所
心より慕う貴方 傍にいたいのです
別れの時が近づき 月の民と空へ帰る
貴方は贈った文(ふみ)を 詠んでくれたかしら…
山頂煙が昇る



初めまして、緋月♪と申します。

絵師様、動画師様募集しています!

ボーカロイド大好きなのですが、作曲やイラストは無理なので…拙いものになりますが作詞をしていこうかと思います。

…‥と、当初は思っていたのですが、家にリンちゃんとレンくんをお招きいたしました!
DTMは全くのど素人なのでゆっくりなペースではありますが仕上げられればと思います。
目指すは動画投稿です!
と、上記のように意気込んでいたのはよかったのですが、パソコンの調子が悪く曲の方は暫く作業出来そうにありません;
パソコン買い替えまでは作詞オンリーになりそうです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP