初音ミクと居場所(歌詞)

投稿日:2020/01/15 18:15:38 | 文字数:511文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

わたしたくさんのボカロPに憧れて曲作る
しかし作曲も作詞も難しすぎる
不甲斐無さに嫌気が差してきて自分が嫌いになる
音楽理論も楽器も諦めようかな...

独り悩む辛い日もある
だからすぐさま逃げ出したくなる
ここにわたしがいてはダメだと卑屈になって落ち込む

ボカロPを名乗る資格があるの?
一翼を担っていいの?
今は好きだったはずの音楽から距離を置いている

それはつまり初音ミクと別れる
そして見捨てることになる
わたしのそばで悲しむ声が聞こえる
そんな気がする

歌もダンスもパフォーマンスも愛らしいその姿
彼女にどれだけ元気を貰ったことか

いつか戻る夢見ている
だからわたしは捨てきれずにいる
新しい歌 わたしの想い アイディアを形にして...

「私はまだ歌う気持ちがあるの ここで終わらせたくない
私のことを分かってくれるあなたがいてくれる限り
拙くてもいいからやる気を出して 私も手伝うから
たまにでもいいから 私に会いに来てくれたらいいな

音符が弾ける私も一緒に奏でてみせる きっと
楽しみながら作曲活動 心も弾むはず
創造 推敲 時間がかかるでも大丈夫 だから
作った楽曲風化させまいとこの場で歌う」

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 初音ミクと居場所

    by ポンジュさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP